作成者別アーカイブ: mobo

手ぬぐい 唐草文鳥

『中国少数民族と中央アジアのマスキングテープ』と同時期に作成していたのですが、アップしていなかったので。 手ぬぐいを作りました。 「唐草文鳥」といいます。 伝統模様の唐草の中に白文鳥とシナモン文鳥が配された、大人が持っていても恥ずかしくないデザインの手ぬぐいです。... Read More

優雅な生活が最高の復讐である

例えば、仲がいいと思っていた人が、自分の陰口を叩いてた、とする。 あるいは仲間はずれにされていたり。 今だってそんな目に遭うのは嫌だけど、ずいぶんとそういうことにも慣れた。 「優雅な生活が最高の復讐である」…つまり意に介さない事が一番いいのだ。 みんなが遊んでいる時に、コツコツと作品を作ったり、仕事をしている。 負け惜しみかもしれないけど、せめて自分の中にそんな誇りを持てるように、その場その場でやれることをやる。 それが一番だと思う。 結局のところ、そういう孤独を嫌う人は、営業やプロデューサーや中間管理職にはなれても、作家性を持つクリエイターや、事業主にはなれないだろう。 自分の目の前の事にぶつける。 昇華、というほどのことではないけど、負のエネルギーは自分の目の前のタスクにぶつけて正に変える。 そうあるべきだと思っている。 人生の価値が、例えば自分の葬式に参列する人の人数だったとしたら、私の人生はずいぶんとみすぼらしいものだろう。 でも私の人生の価値は私が決める。 ... Read More

デザインフェスタ Vol.37に出展

Vol.37に出展することにした。 大学生の時からだから…十数年前ぶり。 友達と共同。 私個人のテーマは”自分が対価を払ってでも買いたいもの”。 コンテンツビジネスの末端にいたり、販促グッズの企画やデザインをしたりといった経験を通して、人にお金を払ってもらうことの大変さというのは骨身に沁みている。 その上で自分が欲しいもの、手元に置きたいもの、身につけたいものを作って売る。 運命の輪   タロットカードの運命の輪(Wheel... Read More

アリの人生

自分の身に起こったことの原因を求める。 私が太っているのは仕事や家庭でのストレスから過食に走ってしまうからだ。 私が今それなりに暮らしているのは、若い時こんな苦労をしてきたからだ。 人やものについても原因を求める。 景気が悪いのは90年代以降の政府と日銀のせいだ。良くなってきたのは現政権のおかげだ。 あいつが顔は悪くないのに結婚できないのは、性格に問題がある。 原因があるから結果がある。物事には因果関係がある。 しかし実際には運や偶然というものがある。 運や偶然とは自分の観測が及ばない因果関係の結果なのかもしれない。 風が吹けば桶屋が儲かるというような。 完全に因果関係が把握出来れば、例えば競馬やTOTOは百発百中だし、これから何が起こるか予知のようなことができるのだろう。 もちろんそんな人間もコンピュータも無い。 時々勘違いした人が現れるが、大事なのは予知が当たることではなく、いつかははずれることだ。 自分がアリのようなものだと考えてみる。 別にアリでなくてもいい。 自分にとって取るに足らないものになってみる。 アリのようなコロニーの中での集団生活に自分はそぐわないという場合は、蚊もいいかもしれない。 ボウフラの頃は仲間もいるが、成虫になってからは独りの時間が長いだろう。 なんでそんな風に考えるのかというと、自分という存在を客観視できるような気がするからだ。 ある日、アリクイに見つかって、コロニー(アリの巣)をほじられ、私は食べられてしまった。 またある日は、血を吸おうと人の二の腕に近寄ったが、あえなく叩き潰されてしまった。 私は運が悪かったのだろうか。なにか素晴らしい教えに従ったり、壺を買ったりすると助かったのだろうか。 生き抜いてきた人の成功本を読みあさって実践すると、事前に察知して避けることができるのだろうか。 努力が運を引き寄せるなら、いつもせっせと働いていれば、いざというときうまくいくのだろうか。 答えは、もちろん否だ。 うまくいくのかもしれないが、うまくいかないかもしれない。 自分の人生は自分でコントロールできないことに囲まれている。 うまくいく人はそれを偶然だとは思わず自分の力だと思い、うまくいかない人は自分に非があるんじゃないかと思う。 でも結局のところ、人生はそれ自体がギャンブルのようなものなのだ。 誇り高く生きても、人生の終幕でヘルパーに虐められるかもしれないのだ。 そんな認識は、努力は報われる、というような人生訓を信じている人には耐え難いのかもしれない。 まあでも仕方ない。 私はアリなのだから。 ... Read More

誕生日にもらって嬉しかったモノは何ですか?

誕生日プレゼントはなにをもらっても嬉しいのですが、今までに一番印象に残ってるもの。 10歳の誕生日に「10歳からの相対性理論」という本を父から贈られました。 20年以上前の話ですが、確か当時新刊だったと思います。 小学4年生の誕生日プレゼントって、普通ゲームソフトだったり、サッカーシューズだったり、そういうものを子供は期待するし、親も与えると思います。 だから当時もらって戸惑った記憶がある。 本の内容はもちろん全て理解できたわけではないけれど面白かったです。 アインシュタインの伝記と数式をできるだけ使わない相対性理論の解説、といった趣で、物理に興味を持ちました。 しかし結論としてはかような期待をかけられても物理はさっぱり…いやむしろ勉強自体さっぱりで、理系でも文系でもない美大に進学しましたが。 ... Read More

アートディレクターという仕事は何をどうするお仕事なのでしょうか?

ちょっと自分のことは後回しで説明します。特殊事例なので。 定義はWikipediaでも読めばわかると思うんですが、業界によってやることは結構違います。 まず広告。 クリエイティブディレクターが言わば監督で、プランナー、アートディレクター、コピーライター、デザイナーなどがその下で働きます。 アートディレクターはビジュアルの責任者です。 グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、スタイリスト、カメラマン、モデル、イラストレーターなど、ビジュアルには多くのスタッフが関わりますが、それらを取りまとめます。 その他、デザイン分野としては、プロダクトやエディトリアル(編集)などいろいろあるけれど、アートディレクターは基本的にデザイナーの上司で、取りまとめるのが仕事。編集者や開発者など、他業種の人との打合せをして、デザインの方向性を検討、提案します。 例えば雑誌の1ページ1ページはデザイナーがデザインするけど、雑誌全体のデザインの方向性、どのデザイナーにどこを担当させるのか、などは、アートディレクターが決めます。 たぶん今国内で... Read More

子供の頃、ズックやお茶碗、衣類など生活用品ででアニメの絵のついたものはお持ちでしたか?

アニメの絵がついた日用品…記憶に無いですね。持ってなかったんじゃないかと思います。 例えば学習机も、私が小学校低学年だった頃って、アニメなどのキャラクターがついているものが多かったんですが、私に与えられた机は、キャラクターものではなかったですね。 魚肉ソーセージや、ふりかけも、キャラクターものは買ってもらえなかったし、親がそういう日用品にキャラクターがついている商品を好きでは無かったんだと思います。 私はそういうものを持っている友達を羨ましいと思った記憶があるので、それなりに欲しがっていたんだと思いますが。 「サンバルカン」の超合金は持ってたし、「あらいぐまラスカル」のぬいぐるみも持ってたし、別にアニメ全部がダメだったわけではないです。 おもちゃはOK。 アニメを見るのもOK。 それが今の自分の価値観にどう影響を与えているかは…わからないですね。 でももしこの先自分に子供ができたとしたら、同じようにするかもしれない。 おもちゃはいいけど、日用品にアニメの絵が入っているもの、買い与えないなあ、きっと。 好きじゃないです。 それは自分がそのアニメを好きかどうか、とは違う次元の話です。 大人だからアニメに興味がなくなって、アニメの絵がついた日用品に価値を感じなくなった、ということではない。 曲がりなりにもアニメ業界にいたこともあるし、その後はデザイナーとしてアニメの絵を使ったグッズをいくつも作っています。 アニメの絵が入った日用品って、きっと子供のご機嫌取りのためにあると思います。 靴をちゃんと履かない子供に、プリキュアだよ、といって履かせる。 勉強をさせるために机にポケモンの絵をつける。 そういう「機能」を、子供が身につけたり触る日用品に、つけたくないです。 その場では親は助かるかもしれない。 子供も喜ぶかもしれない。 でも日用品として、ほぼ間違いなくそれは一番の品ではないと思います。 先ほどの学習机ですが、私に与えられたのは、建築家の父が作ってくれた手作りのものでした。 椅子は、デンマークのKEVIチェアという、今でも生産されているもの。 共に使われる形は変わっていますが、今でも捨てていません。 幼い私にそれを与えてくれた親に感謝しています。 ところで、アニメ業界にいたころ、低年齢層向けの作品に携わることが多かったのですが、自分が関わったアニメのグッズを持っている子供を見ると、ちょっと嬉しかったです。 現金なものです。 ... Read More

バンドのフライヤーデザインをする事になったのですが、もしフライヤーを作るならだいたいどれくらいの日数がかかりますか?あとどれくらい費用をいただきますか?

バンドは、プロでしょうか? アマチュアでしょうか? アマチュア(インディーズ)だと仮定してお話しします。 プロだったら、レコード会社か事務所からの発注のはずなので、日数×単価に経費やらインセンティブを乗せて請求すればいいと思います。 そういや昔けっこうインディーズバンドのフライヤーやら作ったけどあんまりお金もらったことないです…だいたい焼肉おごってもらうとかそんなんで(笑) ライブハウスから受けた仕事や、CDジャケットとかコミコミだとさすがにお金もらいましたけど。 友達同士でお互いお金も無くて、って状態だとそんなもんです。 印刷費用だってかかるわけだし。 フライヤーっていうものはバンドにとっては広告宣伝、もしくは販売促進に当たるわけです。 作ってライブハウスやレコード屋や飲み屋に置いてもらい、知り合いに配り、ライブに来てもらう。 チケットの売上げ、手売りのCDの売上げからライブハウスにお金を払う。 残りがバンドの手元に残ると考えた時、そのバンドはどの程度の利益を出せるでしょうか? もし利益をそのあとの打ち上げ代くらいしか出せないバンドなら、極力安く抑えてあげましょう。 かける日数は1日以内。 それでも出来をバンドに見せて、修正して、印刷発注して、と考えたら1日には収まらなくなるとは思いますが。 値段はまあ話しあって決めてください。 例えば自分はプロだからちゃんとお金は取る、と言っても、持ち出しのアマチュアから正規のお金を取るのが正しいことかは私にはわかりません。 つまり、インディーズバンドのフライヤーを作るというのはデザイナーの仕事ではない、と思います。 自分の技術を活かした遊びのようなものです。 例えるなら知り合いの引越しの手伝いをするような。 遊びだと思えば日数とか費用とか気にならなくなるのではないでしょうか。 ... Read More

友達になる方法

異業種交流会というのがある。 異業種といいながら、まるっきり関わりのない業種同士の交流はたぶんあんまりしない。 私が看護師と交流してたらそれは単なるコンパだ。 よくわからん自称クリエイターが集まる異業種交流会とやらに参加したことがある。 イラストレーターやら アーティストやら デザイナーやら 広告代理店のCDやプランナーやら デザイン会社の社長やら なんだかそんな人達がわいわいやっているところだ。 最悪だった。 偉そうな人の話を聞いてみんなで感心し、 仕事を発注する立場の人間は安く仕事をやってくれそうな無名の似非クリエイターを探し、 それにあずかろうと群がる連中が媚びへつらう。 とある自称イラストレーターと居酒屋で知り合い、その場で連れてってもらったのだけど、一杯飲み、数枚名刺のやり取りをして、さっさと出て別の店で飲み直した。 あとになってひとりから連絡が来て、仕事の相談を受けたけど、予算が相場からかけ離れていて話にならなかった。 そもそも「ポン引きのいる店には入っちゃいけない」…ちゃんとした人はそこにはいないのだと思った。 同業種交流会というのはたぶん意味があると思う。 それを世間では勉強会という。 でも職業をキーにした出会いって、そこに損得が発生して、友達にはとてもなれない。 参考になる話が聞ける。 話が合う。 じゃあ友達か、というと、聞かれたその時々で、友達って答えることもあるかもしれないけど、なんか違う気がする。 バーで知り合った人と仲良くなって、たまたま面白い職業だった、というのがいい。 ここ10年で仲良くなった人との出会いってそんなのばかりだ。 妻ともバーで出会ったし。 仕事とは離れた趣味を通じた出会いというのも、きっとそういうものなんだろう。 今年初めて中学の同窓会というものがあり、帰省して参加した。 別にみんなと仲良くなれたわけじゃない。 それぞれの生活を送っていて、見てきたもの、過ごした時間が違う。 でも、そこには利害はない。 違う世界でそれぞれ頑張っているんだな、と刺激になるし、励みになる。 大学時代の友人もやりとりしている人はごく少ないけど、すごく大切だ。 大人になって友達を作るのって難しい。 ... Read More

デザイナーさんは、どんな風にほめられるとうれしいものですか?

デザイナーはユーザーとの対話の機会がどうしても少ないので、 「売上があがった」 「評判がいい」 という世間の評価を伝えられると嬉しがるかと思います。 個々のデザインについてほめる場合は、デザイナーによって喜ぶポイントが違うので注意が必要です。 下手に「色合いが…」「かっこよくて…」と言うよりも、 「おーなんかいい感じですね!」 とか適当にフワッとさせといたほうが無難かと。 まあ毎回そんなんだと終いには「こいつなんにもわかってねえな」と思われてしまうかもしれませんが。 ... Read More

デザインにとって大切なことを3つあげるとしたら、その3つは何ですか?

コミュニケーション(対話) クライアントはもちろんユーザーに対しても。 じゃあマーケティング値見てユーザーの声がわかるかというと難しいんだけど。 優れたデザイナーは、優れたコンサルタントであると思います。 ユーザビリティ(おもてなし) かっこ良くても、おしゃれでも、着にくい服、乗りにくい車、見難い本なんて論外。 心意気 デザインというのは、医療や食品や社会インフラと違って、基本的には無くても困らないものです。 だからこそ、少しでも自分の仕事を通じて、社会の役に立とう、今日より明日をよりよくしよう、という気持ちがないと、明日、自分の存在理由が無くなってしまうかもしれません。 たとえ目の前の仕事が、エロ雑誌のモノクロ広告のレイアウトだったとしても、心意気を忘れてはいけません。 自戒を込めて。 ... Read More

技術者もデザイナーも共通しているのかな~なんて思っているのですが、作ったものを説明する能力についてどう考えていますか?

あらゆる仕事を「仕入」「加工」「販売」と単純化して考えるようにしています。 デザイナーの仕事単体でも仕入、加工、販売はあるのですが、産業の中で見ると、デザイナーとは、技術者なり編集者なりが「加工」した商品の価値を説明して最大化する仕事だと思います。 プロダクトデザインやエディトリアルデザインなら加工の最終工程だし、広告なら販売の最初の工程。 だから作ったものを説明する能力というのは、ほとんどデザイナーとしての能力と同義です。 もちろん技術者の方に文書なり口頭なりで説明してもらわないことには、デザイナーはそもそもデザインできないので、技術者にも説明する能力というのは必要なのですが、求められる次元が違うと思います。 一方、自分が作ったデザインについて説明する必要がある、というのは、本来、その時点でデザインに問題があるということなので、これは問題です。 でも私もプレゼン資料とかにバンバン説明文書いてるけどね! ... Read More

デザイナーさんは、どんな風にほめられるとうれしいものですか?

デザイナーはユーザーとの対話の機会がどうしても少ないので、 「売上があがった」 「評判がいい」 という世間の評価を伝えられると嬉しがるかと思います。 個々のデザインについてほめる場合は、デザイナーによって喜ぶポイントが違うので注意が必要です。 下手に「色合いが…」「かっこよくて…」と言うよりも、 「おーなんかいい感じですね!」 とか適当にフワッとさせといたほうが無難かと。 まあ毎回そんなんだと終いには「こいつなんにもわかってねえな」と思われてしまうかもしれませんが。 ... Read More

フリーランスの苦労するところはなんですか?

時間の使い方です。 私は悪い怠け者なので、目先の欲に負けて「あの仕事はあとでやればいいや」と、寝たり、遊びに行ったり、オナニーしたりしてしまいます。 良い怠け者は「この仕事はとっとと終わらせよう」とこなして、余った時間をエンジョイします。 会社員だと勤務時間が決まっていて、他の人の目もあるので、仕事の優先順位などあるにせよ、ここまで時間の使い方で悩まなかった気がします。 今のところ「ヤバい…これじゃ終わらないかもしんない」という焦りで自分を駆り立ててこなしている状態で、良くないことは自分でもわかっているので、早く自分なりの時間の管理方法を確立したいです。 一方、よく言われる 「営業も作業も全部自分でやらなくちゃいけない」 「確定申告などお金の管理が大変」 などについては、私はあまり苦労とは感じないタイプみたいです。 得手不得手で言うと得意なジャンルの事柄ではないにせよ、会社員の時は誰かがやってくれていただけで、それを自分でやるというのは当然だし、知らないこともいっぱいあって楽しいです。 ... Read More

社会人になりたての頃のエピソードなどを聞かせてください

学生時代は広告代理店やデザイン会社を志してたはずなんですが、就職活動をしてる最中に、アニメーション作家になるんだ!と決意して活動を止めてしまい、そのまま卒業しました。 で、お金を貯めて作品を作るんだ、とアルバイトをしていたんですけど、やっていたのは近所のスーパーの搬入とか陳列だったので、食うのに精一杯で作品どころじゃない。 俺は何やってるんだろう、とだんだん気持ちも荒んでくるし、これじゃまずいな、とCMの絵コンテを描く会社になんとか潜り込みました。 そこは1年くらいいて、アニメーション業界に飛び込むことになるんですが、それはさておき。 ずっとあとになってパッケージのデザインをやることになった時に、スーパーで陳列をしていた経験が、案外活きてきたりしたんです。 どんな環境でもそこから学び取ることはあるし、無駄なことは無い。 置かれている環境の中でベストを尽くすことが大切だな、と思います。 ... Read More

どんな学生時代でしたか? 思い出話などを聞かせてください

パッとしない子だったような気がします。 勉強もそんなに好きでは無いし、運動も不得意だし。 友達がいないわけではなかったけど、クラスの雰囲気にうまく馴染めないことも多かった。 絵を描くことは好きだし、自分の周りの誰よりもうまく描く自信があったので、美術大学への進学を志したのは、まあ必然だったんだと思います。 でも絵描きになるとか、漫画家になるとか、そういうのがピンとこなくてデザイン科に進んだ。 美術大学時代はとにかく楽でしたね。 勉強が楽とかじゃなくて生きるのが。 協調性が無くても文句を言われないし、周りもみんな自己顕示欲やらナルシシズムやら自分のことで精一杯だったんじゃないかな。 モッズを気取ってビンテージスクーターに乗ったりしてました。 真面目な生徒とはお世辞にも言えなかったと思うけど、自分にとって意味のある期間でした。 ... Read More

デジタル一眼レフカメラ Canon EOS 60Dを購入

しばらく前のことだが、念願のデジタル一眼レフカメラを買った。 用途は背景美術の資料撮影、セールスプロモーションの賞品のブツ撮り、あとは趣味。 どの機種を買うか、というのは誰でも迷うと思うが、よくあるニコンかキヤノンかについては私の場合、あまり迷わなかった。 というのも、数年前まではキヤノンの方がレンズ体系や画像処理について、明らかに優位に立っているという印象を持っていたからだ。 その頃からずっと欲しくて検討してきたせいで、どうも自分で情報にバイアスをかけていたみたい。 昨今ではその差は埋まっているようだし、機械としての質感はメーカー差よりもグレードに負うところが大きいし、結局は好みなのだと思う。 いや、男性で機械の所有欲を満たしたいのならニコンの方がいいのかも。 D7000とか本当によさそうなカメラだなと思う。 一度買ってレンズ資産ができればできるほど、あとから乗り換えは難しいので、好みとはいえ難しい問題ではある。 ミラーレスやその他のメーカーについては初めから検討はしていない。 レンズの選択肢などを総合的に考えて、まだ時期尚早だと考えたからだ。 ただしサブカメラとしてや、コンパクトデジタルカメラの延長として考えるならば、ミラーレスは合理的だし、どんな形であれいずれキヤノンもニコンも参入するのだと思う。 学生時代は銀塩カメラのペンタックスのMZ-5を使っていた。 レンズも数本持っている。 全く手入れしていないので既にダメになっているが。 あとはしばらくニコンFM2を借りて使っていた時期もある。 キヤノンってデジタル一眼レフ黎明期は圧倒的な商品力、技術力だったけど、そのせいかすごく保守的な商品開発しかできなくなってる気がする。 新しさよりも不満点の解消に重きが置かれがちというか。 前置きが長くなってしまったが結局買ったのはこれ。 Canon... Read More

アニメの背景美術を志す人へのアドバイス

はじめまして。

ご質問の、アニメの背景美術を志すにあたって、これから専門学校でデジタルメインのコースと、アナログメインのコースのどちらを選ぶべきか、という件についてお答えします。

まずアニメ業界で背景美術に携わる人にとっての、おそらく共通の認識としては、

  • アナログで絵を描いてきた人がデジタルで絵を描く→可能
  • デジタルで絵を描いてきた人がアナログで絵を描く→不可能

ということです。
漫画家でも、今までコピックや絵の具やカラーインクを使っていた人がデジタル彩色になることはあっても、今までデジタル彩色だった人が、アナログの画材で描くようになった例ってほとんど無いですよね。
ですから、アナログとデジタルどちらを学ぶのが良いか、という質問に対しての答えとしては、ぶっちゃけつぶしがきくのはアナログだと言っていいと思います。
続きを読む

ブラシ見本

Photoshopでペン入れできるなめらかな線を描く方法

ハルヒペン入れ

Photoshopのブラシは初期設定のプリセットがいまいちだ。
「Photoshopのブラシは絵を描くのに向かない」という人の多くは、プリセットでひとしきり描いてみて、「やっぱりPainterやSAIとは違って描きづらい」と思ったのではないだろうか。

これから紹介するのは、ある程度Photoshopで絵を描いてきた人には当然のことばかりだが、もしやったことがない人はすぐに試してみてほしい。

上記画像はその方法を使って描いたもの。
もちろんトレースだが、線自体は全て一発描きで線の強弱を強調している。

なお対応環境は、タブレット使用前提、Photoshopのバージョンは、1番目のTipsはElementsを含め全対応、2番目のTipsは7.0以降対応。
続きを読む

「Digital Painting Techniques 日本語版」レビュー

既に発売されてだいぶ時間が経っているので、入手された方も多いかと思う。
Photoshopのブラシのカスタマイズについて、いや、画材としてのPhotoshopの可能性について、現在ここまで深く解説されている本は他にない。

4862461212 Digital Painting Techniques 日本語版 – デジタルペインティングテクニック –
3DTotal.com 高木 了
ボーンデジタル 2010-08-01
 

Adobe Photoshopは画像ソフトとしてデファクトスタンダードでありながら、ネット上の様々な場所で、「ペイントソフトとしては使い勝手も機能もイマイチ」という意見が散見される。
「写真用のソフトだから」と。
この本を読む…いや、パラパラとめくれば、それが誤解と無知からきていることがわかる。
続きを読む

「ほぼ完成」で半分

結構前の記事で当時これについて書きたかったのだけど時間がうまくとれなかった。 Software is Beautiful:第2回 「締め切りは絶対に守るもの」と考えると世界が変わる|gihyo.jp …... Read More

落ちこぼれが次の時代を担う

美大に1996年に入学し、2000年に卒業した。 日本のインターネット元年と言われた1995年から5年あまりして社会人になった。 これは私の周りの学生だけかもしれないし、むしろ私だけなのかもしれないが、その頃のグラフィックデザインの花形はまだ広告や紙媒体だった。 また音楽業界は花盛りで、グラフィックデザインを志す学生の中には「CDジャケットのデザインがしてみたい」という人も多かったように思う。私もライブハウスやクラブのフライヤーやら、インディーズバンドのCDジャケットのデザインやらしたりした。 在学中にIllustratorのバージョンは5.5から、7になり、8になった。 企業では既に20歳代、30歳代のスタッフがMacを使ってデザインするのが普通になっていたが、版下を出力してアナログ入稿するというプロセスが一般的だった。 カラス口と写植機を使うよりも効率的、という意味でのコンピューターを使ったデザイン。 プロセスが完全にデジタル化されるのが一般的になるのはここから数年を要する。 IT革命は出版業界を変えたけど、それは電算写植機オペレーターを駆逐して、DTPオペレーターを生み出しただけのように思えた。 電子書籍はたぶん存在はしていたんだろうけど、紙の書籍に置き換わるとはまだ誰も思ってはいなかった。 一方、WEBデザインは既に勃興していて、Dream... Read More

終わらせ方

アニメーションやゲームのように大勢の人が関わるプロジェクトの場合、終わらせ方を知っている人がどれだけいるかが大事になってくると思う。 なんて言ったらいいんだろう…細分化された各作業に再び演出としての意味を与える、というか。 それはもちろんディレクターの仕事なわけなんだけど、プログラマーやコンポジッターでそのへんを解る人がいると、すごくありがたいし、私の場合はそういう人の協力がないとできない。 終盤の調整作業って、事前に数値化できなかったり、指示を出し切れない要素があるものなのだ。 それを1から10まで手取り足取り指示してやり取りしていたら、まあ時間がかかるかかる…… 「いや確かにこのキャラ暗くしてくれって言ったけどツブれちゃったんで、ちょっと明るくしてもらっていいですか?ええとさっきのとこれの間くらいの感じで」 万事こんな調子だと困ってしまう。 それよりは、 「このキャラ暗くするって指示でしたけど、それだとあっちのキャラに目が行き過ぎちゃうと思ったんで、全体を微妙に明るくしてみました」 こういうタイプの人のほうがいい結果な場合が多い。大きなお世話なことももちろんあるけれど。 だから、そのへんをよく解っているプログラマーやコンポジッターはディレクター向きかもしれない。 私のような背景美術出身という変り種よりは。 また急造チームの場合、この辺のことってプロジェクト後半にならないと顕(あらわ)にならないのが悩ましい。 各作業で有能な人が、終わらせ方を知っているかというとまた別問題なのだ。 例えば有能でいろんな会社・プロジェクトを渡り歩いているスペシャリストは、プロジェクトを終わらせる経験値が低くて終盤あまり役にたたないかもしれない。 あとはスケジュールにどれだけ「終わらせる」時間を事前に組み込めるか、という所も大事。それが難しいことも多々あるけれど。 さて書いてはみたけど、読み返してみると私のディレクターとしての能力不足の話ですねこれは…… 精進します。 ... Read More

ゲーム業界とアニメ業界での撮影(コンポジッター)の違い

アニメ業界でいう”撮影”という役職はアナログ時代の名残だ。
昔は撮影台という、巨大な顕微鏡のような形の装置があり、台の上に背景を載せて、その上にセル画を載せて、バシャッと上に設置されたカメラで撮っていたのだが、2010年現在、「サザエさん」を除いてこのやり方で撮影している国内のアニメーション会社はない。
おおかたの会社はスキャナーで取り込んだり、一からデジタル上で描いた各素材をAdobe After Effectsを使って合成している。

だからゲーム会社のコンポジッター、あるいは映像業界のコンポジッターと、アニメ業界の撮影は使う機材としてはほぼ変わらない環境にある。
で、やってることもほぼ変わらない。
基本的には他部署が制作した素材―背景とキャラクターとを合成する。特殊効果を追加したり、画面の質感を高めたり統一したりする。
また編集の仕事になる場合も多いが、セリフや音楽、音効を合わせたりすることもある。
つまり最終的に視聴者もしくはユーザーが目にする映像はコンポジッターが作る。

でもここからが大事なんだけど、アニメ業界のコンポジッターはタイミングに対する権限を持っていない。
具体的に例を挙げる。
続きを読む

動物性たんぱく質を意識する

ある日妻が「じんましん」になった。 いや、症状としては発疹というべきか? とにかくかゆみが我慢できないと言い、病院に行った。 診断結果はストレスによるアレルギー。 動物性のものを3日間は食べないようにしてください、とのこと。 この「動物性」ってのが曲者だった。 ・肉と魚 はもちろんのこと、 ・卵や牛乳 なんかも食べたり飲んだりすると気持ちが悪くなる。 卵や牛乳が入っているからパンが食べられない。 じゃあ、と思ってうどんを作ったら、めんつゆに入っているカツオだしが動物性でアウト。 野菜は大丈夫、とサラダを作ったら、家のほとんどのドレッシングにこれまたカツオエキスだったり乳製品が使われている。 「もずく」や「めかぶ」や納豆も、タレが駄目。 みそ汁もだし入り味噌やインスタントは駄目。 さらにゼリーなどゼラチンを使っているものは駄目。 ○○が食べられない、というより、食べられるものを探す方が大変だということがわかった。 いろいろ探した結果、いわゆる健康食とか、野菜中心の食生活とかのイメージとは違う、食べられるもののリストができた。 ・ポテトチップスやフライドポテトはOK。 ・ペペロンチーノやポモドーロはOK。 ・湯豆腐、冷や奴はOK。 ・ピクルスはOK。 とまあこんな感じ。 意外と野菜中心というイメージのある和食はカツオだしがもれなく入っていて、少なくとも出来合いの総菜や、一般的な料理本のレシピでは使えない。 昆布だしも、液体で売られている物は大抵カツオエキスが入っていて使えない。自分で昆布をもどすか、昆布だしのみの顆粒が売っていたので、それを使う。 いろいろ調べたりして、ベジタリアン(菜食主義者)にも詳しくなった。 ベジタリアンとはいっても複雑で、以下のように細かく分かれている。 名称 肉 魚 卵 乳製品 蜂蜜 主な特徴 セミ... Read More

世田谷区のメール配信サービスがごみ捨てにすごく便利

去年東京都のゴミ分別のルールが変わって以来、私の住む地域でも収集日が変わった。 それまで 燃えるごみ 週2回 燃えないごみ 週1回 資源ごみ 週1回 だったのが、 燃えるごみ 週2回 燃えないごみ 隔週 資源ごみ 週1回 ペットボトル 隔週 と若干複雑化した。 特に「隔週」の燃えないごみとペットボトルが曲者で、なかなかパッと「明日はペットボトルの日だな」と判断できない。 あれ、ペットボトルって第1・第3〜曜日だったっけ?第2・第4だったっけ?……で明日はええと…あれ何週目??? みたいなことがほぼ毎週で、いい加減物覚えが悪い自分にもうんざりの日々。 月初めにカレンダーに書き込めば問題ないのだろうけど、なかなか思ってはいても実行できず、いつも世田谷区のごみ回収の曜日表とカレンダーを見比べて、ごみ捨て場までごみを出しに行く感じ。 またごみを出しに行ったら行ったで、かなりの確率で自分の捨てに行ったごみと違う種類のごみが置かれていることがあり、その度に「あれ?俺間違っちゃったかな?」と不安に駆られる。 大抵は先に出してあるごみが間違っているんだけど。 その結果いつもごみ捨て場には何かしら間違った収集日に置かれたごみが放逐されている。 ところがこの間、近所を歩いていたら、区が設置している掲示板に張られている一枚の紙を、一緒にいた妻が目ざとく見つけた。 資源・ごみ収集日お知らせメール お住まいの町の「資源とごみ」の収集日をメールでお知らせします。 へえ〜こんなのあるんだ。 で、登録したらこれが激しく便利。 世田谷区にお住まいの方はとりあえず登録するべき。 世田谷区 メール配信サービス 手順は上のリンク先にありますが、下記アドレスに空メールを送信すると、すぐに新規登録の案内メールが届く。このアドレスは携帯でもPCでもOK。 entry@setagaya-mail.jp であとは案内に従って指定URLに行き、設定を完了する。 設定項目は ... Read More

WordPressとTwitterを連携させる

WordpressとTwitterを連携させる。 とはいえ、私が探していたのは、単にWordpressのサイドバーにTwitterを表示させるプラグインだったのだけど。 まずいいなと思ったのがこれ。 Lifestream Twitterに限らず、Feedを取得して、表示してくれる。 もちろんTwitterは公式に対応している他、著名ブログ、「The... Read More

定額給付金の振込通知が届いた

世田谷区から定額給付金の振込通知が届いた。 案内が来てから、書類に記入して、返送して、だいたい一ヶ月くらいかな? 5月19日に口座に振り込まれるそうだ。 金額は妻と私の二人分で、24,000円也。 放っておくと生活費に消えるのが目に見えているので、とりあえず妻の美容院代と見積もることにする。 それだと少しは余ると思うんだけど、それは今は考えないことにしよう。 ... Read More

近況と“Portfolio”内に“Works”項目追加

“Portfolio”内に“Works”項目を追加しました。 私が今まで関わった仕事を(載せられる範囲で)記載しています。 興味がある方はのぞいてみてください。 といってもほとんどがアニメーションの仕事ですね。 しかも主にフリーではなく会社に所属していた際の仕事です。 広告(SP)や、CMの絵コンテは、基本的にクライアントがいる以上、載せることができません。 2008年にやった仕事についても今のところあまり書けないのですが、そのうちのひとつで、ゲームの背景を書かせて頂きました。この間マスターアップを受けて、スタッフで新宿にて打ち上げを行いました。 発売したら、もちろんこのブログにもタイトルを載せます。 その他、今はボストンバッグのデザインをしてみたり、フィギュアのデザインをしてみたり、だんだん何屋さんなんだか自分でもわからなくなっている今日この頃です。 でもフリーでやっていくのは今のままでは難しいので、そろそろ本格的に就職活動をする予定。 ... Read More

写真集『非常階段東京』がいい

そんなに普段写真集を買ったりしないんだけど、書店で見かけて思わず釘付けになってしまった。 不勉強で佐藤信太郎という方も知らなかったのだけど、数日迷った上で購入。 非常階段東京―TOKYO... Read More

あけましておめでとうございます

3月にもなってふざけたタイトルですみません。 何をいまさらだけど、私の作った今年の年賀状いろいろ。 妹の年賀状。流行のノルディック柄っぽい雰囲気にしてみました。 もうちょっと細かい柄にした方がよかったかも。根気さえあれば…… 父親の年賀状。ノルディック柄ですが、保守的な仕上がりで仕事相手にも失礼のないように、という感じです。 妹の年賀状その2。牛乳ビンのキャップのデザイン。キャップはほぼ原寸大です。 具体的には昔の雪印牛乳をモチーフにしています。 これも配列などもっと練れるとよかったんだけど…… ちなみに私が小学生の時に、給食の牛乳がビンから紙パックに変わりました。 母親の年賀状。牛乳石鹸のパッケージがモチーフですが、気に入らなかったようで(当たり前か……)実際には使われませんでした。 でも私自身は今年も年賀状を1枚も出していません。 頂いたものにも返信をしていない。 昔は年賀状以外にも手紙を書いたり、割と筆まめだった気がするんですが、いつの頃からか筆無精どころか無礼で失礼な人になってしまいました。 私に年賀状やメールをくれた方。決して他意があるわけではないんです。 ごめんなさい。 ... Read More

岩元辰郎ここにあり—「三国志武将大百科(1)魏の巻」

三国志本は数多ある。 武将の特徴を取り上げた今回のような武将百科に類する物も数多い。 だが問題は、2000年近くも昔の武将達への想像力を、最大限にかき立ててくれるべき挿画を誰が担当しているか、というところ。 この本、Amazonはおろか、出版社のサイトを見ても「著者:渡邉... Read More

「男女間の友情は成立するか?」

今年で34歳になる既婚でメタボのおっさんが書く事じゃないようなことを書きます。 青臭い話。 「男女間の友情は成立するか?」なんてことを誰しも一度は考えた事があると思う。 誰でも肯定にせよ、否定にせよ、一家言あるんじゃないだろうか。 僕は断然、男女間の友情は肯定派だった。 恋愛感情抜きで、一緒にいると楽しい相手というのは全然あると思ってた。 少なくとも相手も(僕の場合は女の子の友人)同じ意見だったら、成立するもんだと信じてた。 僕の通ってた美大という場所は……いやこれは別に、美大の一般的な様子かどうかはわからないけど…... Read More

自転車Raleigh RF-7のパーツいろいろ

最近本当にロードバイクやクロスバイクで走っている人を見かけることが多くなりました。 ずっと自転車、Raleigh(ラレー)RF-7のことを書いていませんでしたが、継続して乗っていますし、ちょっとずついじっています。 時期も夏前から最近までバラバラですが、そのへんをざっと書いておきます。 自転車に乗る人が「一度使い始めると手放せない」と口を揃えるのは尻パッド付きのレーサーパンツと、クリートという金具でペダルと固定できる専用のシューズだそうです。 というわけでシューズを買いました。 正直言って自転車用シューズは、ロード用もMTB用も、酷いデザインのものばかりで「格好悪いなあ」と思っていたのですがSIDIはその中で唯一いいと思えるデザインでした。 SIDI... Read More

無職決定!

広告(SP)業界に入って8ヶ月目ですが、 今月をもって入社した会社が清算、 来月から無職になることが決定しました。 しばらく失業保険もらいながら今後のことを考えます。 これを機に今まで忙しくて出来なかったことも いろいろやろうかと思っています。 ピンチはチャンス!頑張るぞ〜〜!! ... Read More

Mac修理完了しました

先日、落雷でMacとかADSLモデムとかが壊れたんですが、無事になんとか元の環境を復元できました。 Macは結局なんだかタダでアップルがなおしてくれました。 本来は雷による過電流の故障は保証対象外ですが、修理報告書を読むと 「ビデオカードが故障していたので、交換しました」という旨が。 で、保証期間内だったために、そのままこちらの負担は無し。 本当に良かった。 中のデータも消えてなかったので、今回は結果オーライです。 ADSLモデムはプロバイダからのレンタル品で、サポートセンターに連絡したら、無料で交換してくれることに。 LANハブは5ポートのうち2ポートが壊れていましたが、なんとか別のポートに付け替えることで対応。 雷の場合はいくら外付けハードディスクにバックアップしてても一網打尽だし、コンセント抜くくらいしか対処法が無い。過電流を防ぐ雷サージの電源タップは使ってたのに今回は意味なかったもんなあ……それでも無いよりはあった方がいいのかな…… ※この記事は、アップルが雷による過電流の故障を修理してくれる、ということを示しているわけではありません。 ... Read More

雷でMacとか壊れました

8月30日は私の誕生日であり、妻との結婚1周年でもあり、大変めでたい日だったんですけど、ちょうど29日から30日に日付が変わる頃、天からのプレゼントがありました。 折からの大雨と雷。どんどんタイミングが近づく光と轟く雷鳴。 アパート全体が震え、もはやわけのわからない状態。 ああMacがヤバいな。コンセント抜かなきゃ。 そう思ってあわてて抜きましたが、時既に遅し。 再び起動することはありませんでした。 雷による過電流です。 その後Wiiでインターネットブラウズしようと思い立ち上げるも、あれ?繋がらない……ルーターも壊れていることが判明。 外付けハードディスクなど、まだ状態が検証できていないものもあるので、被害額はわかりませんが、かなりお高くつく予感。 とはいえまだiMac買ってから全然1年経っていませんから、なんとかMacだけでも保証で!と思い、夜が開けて朝10:00ジャストにアップルののカスタマーサポートに電話。 その結果「雷による過電流」は通常使用以外の「外部からの衝撃」と見なされ、保証対象外だということが判明。 ガ〜〜ン!!! しかももし有償修理の場合は購入価格より高額になる可能性が高いとのこと。 しかしまずは念のため修理に出して、まずは本当に保証がきかないか検証してもらうことになりました。 マズい。これはマズい。 仕事道具なのでまずは仕事の関係先に連絡して状況を説明。 仕事が遅延する旨を伝えたら代替機を用意しろとの返事がきました。 そりゃもっともな要求だけど 無 理 だ。 買ったばかりでローンも残りまくっているMacが壊れて、買いなおす可能性が高いとはいえ、そんな金ねえよ。 どうしたもんだろ。 とりあえずこの記事は自宅ではなく、被害の無かった勤め先の会社から書いています。 ... Read More

まず描きたい場面がある

先週1週間夏休みでした。 社会人になって以来、こんなにまとまった休暇は初めて。 転職したときも全く間が開かなかった。 しかし遊び下手というのか、なんだか有効に時間を使えませんでした。 それでも自転車で都内を走ってみたり、友人と飲んだり、実家に一泊だけですが帰省したりと、いくつかの出来事もありました。 それぞれ別の日ですが、映画「崖の上のポニョ」と「ダークナイト」を観てきました。 考えてみれば映画館に足を運んだのはずいぶん久しぶり。 最後に観たのは……あれ?ひょっとして去年の夏公開の(私自身が関わった)映画の初号試写だったかもしれない。 今は映像業界から離れたとはいえ、これは良くないなあ。 「崖の上のポニョ」は冒頭のシーンが素晴らしかった。 昔のディズニーや、たけくまメモでも指摘しているようにフライシャーの影響を随所に感じる「アニメーション」でした。 ストーリーは宮崎アニメではかつて無いほど意味を失っている。 描きたい場面がまずある。そしてそれらは印象的。 時間軸は、アニメーション(命を吹き込む魔法)のためにある。 ストーリーは場面と場面を繋ぐためにある。 それはまるでテーマパークのライド型アトラクションのよう。 シナリオも無いままに、まずイメージボードを描き始める宮崎駿の特異な製作手法は、とどのつまり一番大切なのはシナリオ(ストーリー)ではなく、絵であり、個々の場面であるということができると思います。 今までは首を傾げる部分は多々あれど、その骨組みがわからない程度に肉付けされていたのが、いよいよストーリーや伏線やつじつまは放棄されて、非常に構造がわかりやすくなりました。 「映画館に足を運び、1000円以上の金を支払い、2時間前後暗い中座り続ける」という、いわば掛け金を払った人はドラマツルギーなり、最近で言えば「泣ける」など感情の揺り動かしだったり、カタルシスを求めます。 もちろんそれは真っ当な考えですが、ポニョにそれを期待した人は恐らく裏切られた気持ちになります。 「映画」の面白さと「アニメーション」の面白さというのは別のところにある。 そんなことを考えさせられました。 宮崎駿って深遠なテーマや思想を掲げるようなイメージが一般にはあると思うけど、実は主義主張(昔共産主義だったとかはここでは関係ない)よりも枝葉末節の人であり、メインよりもアウトローの人だなあと改めて感じました。 「ダークナイト」はすごかった。 私はバットマンやアメコミに特段思い入れがあるわけではないけれど、この映画を観て何も感じ入るところが無い人は、今後アメコミ原作の映画をチェックする必要は全く無いと思います。 ゴッサムシティのダークな雰囲気。 ヒース・レジャー演じるジョーカーの例を挙げるまでもない各種キャラクターの造形、演技。 なにより、ストーリー展開の光と陰。 スパイダーマン実写第1作の時も思ったことですが、マンガやアニメの実写化がここまでうまくいくのは驚嘆に値します。 とはいえ、実は上記2作とも自分の中では傑作ではない。 ポニョは「迷作」ダークナイトは「良作」というところでしょうか。 ... Read More

DocomoのBluetooth仕様はひどい

発売開始され、すぐ購入したP906i。色はホワイトを選択。 ひと月以上使ってみた感想。 「今どきの携帯電話ってすごいね」 今まで使っていたのはN701i。 その前がSH900i。 画面の大きさ、細かい部分での使いやすさ、キビキビしたレスポンス。それでいて割と薄い。 ワンセグといい、500万画素顔認識機能付きのカメラといい、おサイフケータイ機能といい、素晴らしいです。 Panasonic製がすごいのか最新の携帯はこんなもんなのかは判然としませんが、総じて満足。 私は十数年来のMacユーザーですが、今の時点ではiPhoneよりP906iの方が便利だと思う。 フルブラウザも遅いけど使えるし、実はiPhoneにできて906iにできないことってそんなにない。 もちろんPCとワープロを比べているようなものなので、今後また状況が変わっていくことは間違いないとは思うんだけど、私はアーリーアダプターではなく堅実派なのです。 非常に快適なのですが、ひとつ気になるのはパケホーダイ前提としか思えない仕様。 私は今までほとんどメール以外でiモードを使用していなかったので、機種変更の時点ではパケホーダイに契約するつもりは毛頭ありませんでした。 別にパケホーダイにしなくても、カメラもメールもワンセグも使えるし、問題ないでしょ、と。 標準で搭載されているiアプリ。 「レイトン教授と不思議な町」「機動戦士ガンダムU.C.0079」は、機能限定のお試し版で、フルバージョンをプレイするには、パナソニックモバイル公式サイト「P-Square」からダウンロードしなければなりません。 しかもその際パケホーダイ契約しているかどうかの認証が必要。 「モバイル... Read More

自転車、Raleigh RF-7と安全と物欲

3月にRaleigh(ラレー)のRF-7(RF7/ラドフォード7)という自転車を買いました
楽しく自転車ライフを送っていたのですが、4月末に転倒。顔に5針縫うケガをしました。
もちろんとっくに治りましたが、眉毛のあたりにはっきり痕が残りました。
目の下の擦過傷はすぐ治るかと思いきや、肌の色がその部分だけ赤みを帯びたままで、さらに一度日に焼けると色素が沈着して目立った痕になるそうです。

ラッキーだったのは労災が適用されて自己負担額が0円だったこと。
相手がおらず、自分以外の人を傷つけずに済んだこと。
そして自転車自体はほぼ無傷だったこと。
LEDライトだけは壊れましたが、全く同じ物を再度購入。
ギアの調子がおかしくなったけど、近くの自転車屋さんで調整してもらったら見違えるようによくなりました。
と同時に、やっぱり自転車の整備についても学んでいかなきゃなと思った次第。

さて、安全対策は行ってきたつもりでしたが、改めて装備を揃えることにしました。
以下画像が多いのでこちらから。
まずはタイヤの空気圧。
続きを読む

広告 (SP) 業界の雑感、近況

3月から新しい職場で働いている。 主に広告におけるセールスプロモーション(SP)の企画、ノベルティの製造などをやっている会社だ。 「販売促進用のグッズ屋さん」というとわかりやすいだろうか。 そろそろ働き始めて3ヶ月。試用期間が終わる。 勝手な見込みだけど、なんとか雇い続けてもらえそうな塩梅だと思う。 私はそこで、クライアントへのプレゼン資料作成、パッケージを含めたノベルティのデザイン、入稿データ作成などを担当している。 企画ディレクターでもアートディレクターでも、肩書きはなんでもいいけど、要するにデザイナーだ。 クライアントは飲料メーカー、製薬会社など。 んで間に百貨店の法人外商部や広告代理店が入ることが多い。 入ってから3ヶ月、仕事の多くは北京オリンピック関連だった。 だから「サッカーの代表ユニフォームのヤタガラスが使用できず、変更の可能性」とか「水泳のウェアをスピード社に対抗して国内企業が急遽開発」といったニュースは全く人ごととは思えない。各企業の担当の方は対応に不眠不休で頑張っているのだろう。 入ってみてわかったのだけど、ノベルティグッズというのは、常識では考えられないほど企画立案から納期までの期間が短い。 だから、プレゼンが通るかどうかわからないうちに、材料の買い付けや金型の発注をしなければならないということがしばしば起こる。 ダメだったら被害を被らないといけない。 ひょっとしたらその分、通常の製品の製造販売よりも実入りが大きいのかもしれないけど、あいにくまだお金のことはよくわからない。 でも「予算が合わない」という理由で、ほとんどのノベルティは中国で製造しているし、中国内でもどんどん田舎の工場に発注するようになってきているということなので、すごく景気がいい感じでもない。 はっきり言って業界としては縮小傾向にあるのだろうと思う。 自分に置き換えてみても、昔はペプシのおまけとかチョコエッグとかちょっと集めてたりしたけど、ここ数年は全く食指が動かない。 それはつまり販促グッズというのは広告効果としては弱まってきているということなのだろう。 忙しさは……どうだろう。 タクシー帰りや朝帰りもしばしばで、かなり忙しいけど、まあデザイナー稼業としてはあり得ない忙しさというほどのことでもない。 アニメーション業界もそうだけど、まあだいたいそんなもんだ。 問題は個人的に別の仕事を請け負っていることで、そちらが思ったように進捗していない。 某ゲームシリーズの背景を描くという仕事だ。 私の見込み違いで、いろんな人に迷惑をかけてしまっている。 もともと平日はデザイナーで土日に背景美術と思っていたけど、とてもじゃないけど計画の通りには進んでいない。 本業にかかり切りで、なかなか絵が描けないのだ。 6月はそのへんも挽回しつつ人生で一番忙しいであろう今の日々を乗り切りたいと思う。 ... Read More

自転車でコケちゃった。

ほぼ一週間前のことです。 月曜日の朝、自転車で通勤途中に、前方に人がいるのを避けるために急ブレーキをかけ、転倒。 顔面というか左目の周りを地面に打ち付けました。 場所が交番のすぐ前で、周りの人も親切で、すぐに救急車搬送。 生まれて初めてです。 結果…… 左目の上:切って5針縫合 左目の下:擦過傷 左手の甲:擦過傷 と相成りました。 その後だんだん腫れてきて、今日には添付の絵のような状態に。 お岩さん状態です。 眉毛が隠れているのも怖さを助長。 徹夜明けに自転車に乗ったことを反省。 その日に限って自転車用ヘルメットをしていなかったことも反省。 しかし加害者にならなかったのは不幸中の幸い。 レントゲン、CTスキャンとも異常なかったのも幸い。 自転車はライトが破損。 あとなんだか入らないギアができたので、要修理でしょう。 新しい仕事に少しずつ馴れてきたところですが、 いやはや、気の弛みでしょうか。 これから気をつけて頑張ります。 ... Read More

ペンタブレットと画面のアスペクト比の関係

コンピュータ上で描画する際には必須と言えるペンタブレットと、画面のアスペクト比(縦横比または横縦比)の関係の話。 結論から先に書くと、タブレットとモニタのアスペクト比は同一が好ましい。 タブレットでデファクトスタンダードと言えるワコム。 その現在のラインナップを見てみると、 ... Read More

間違ってたリアルな水彩画風のブラシを作る方法

このサイトを読んでくれる方の多くはPhotoshopのブラシのカスタマイズに興味があるようだ。 そのなかでも一番多くのページビューを稼いでいるのが、「Photoshopでリアルな水彩画風のブラシを作る方法」なのだけど、先日そのページについて友人から指摘を受けた。 曰く、「書いてある手順どおりやっても同じブラシにならない」 ええ?そんなはずは……そういえばあのページを引用していただいた他ブログにも以前そんなことが書いてあったな…… で、自分のPhotoshopではなく、新しく転職した会社のPhotoshopで仕事の合間に試してみたところ、あれ?本当だ。なんか違う。テクスチャが見本より強調され過ぎでちょっと不自然。 これまで参考にしていただいた方は本当に申し訳ありません。 正しい手順はもうすぐ修正してアップします。 なお、ダウンロードできるブラシは、見本どおりの描き心地です。 あと、「Photoshopでリアルな水墨画風のブラシを作る方法」、「Photoshopでリアルな鉛筆ブラシを作る方法」は、今までの手順どおりで再現できます。 ... Read More

「ディズニー初期原画を返還へ」について

こんなニュースがあった。 ディズニー初期原画を返還へ=「眠れる森の美女」など250点−千葉大 千葉大学(千葉市)は18日、同大工学部棟で発見された米ウォルト・ディズニー社の初期アニメ原画約250点を同社に返還すると発表した。良好な状態での保管が難しい上、より幅広い活用が重要と判断した。 原画は、世界初の全編カラーでアカデミー賞を受賞した「花と木」(1932年全米公開)や、日本でも人気の高い「わんわん物語」(55年同)、「眠れる... Read More

自転車、Raleigh RF7を買った。

p1000842.jpg
先日、ビッグスクーターを手放してしまい、足が無い状態だったのですが、代わりに以前から興味があった自転車を買うことにしました。
アニメ業界は実は自転車愛好家が多いことで知られており、年に一回、「ジロ・デ・信州」という都内から信州まで約150kmを走破するイベントまであるくらいなのですが、私はそこまで本格的にいわゆるロードバイクに乗りたいわけではありません。
だから詳しいとはいえ、社内外の自転車に詳しい知り合いに相談するのはやめました。一言相談したが最後、ロードバイクの世界に引きずり込まれてしまうに違いない。

ネットや本などでいろいろ調べた結果、「クロスバイク」というジャンルの自転車にまず的を絞りました。
「クロスバイク」の定義はどうやら曖昧ですが、MTBというオフロードバイクにアスファルト用のタイヤを履かせたものや、ドロップハンドルのロードバイクをバーハンドルに換装したものを指すようです。要は、街乗りにちょうどいい自転車だけど、ママチャリ(シティサイクル)よりは性能がいいやつってことだ。

次に自転車の選定ですが、ここから難航しました。
通勤にも使いたいということで、最初は泥よけがついてるのがいいかなと思ったのですが、自転車乗りは泥よけが嫌いみたい。
なるほど、街でいろんな自転車を観察しても、泥よけがついているかどうかで、本気度がわかるくらい。
しかし高校時代自転車通学してた経験からすると、泥よけはやっぱり通勤通学には必須。
こちとら、週末の趣味だけに使うつもりはない。
……と思ってたんだけど、だんだん目が慣れるというか私もなんだか泥よけが余計なものに思えてきました。むぅ。
次に詳細を見ていくと、自転車は軽いほど高いらしい。
まあ軽いに越したことは無いんだろうけど、別にそこそこでいいよ、と思ってた感覚もだんだん麻痺。
フロントフォークがカーボン製とか、妙なスペックに目がいきだし、最初はライトとかアクセサリー込みで8万円くらいかなと思ってた予算もだんだん上がり、車両単体で10万円前後のものに目が行くように。ヤバい。
クロスバイクの中でも、「フラットバーロード」と呼ばれる、ロードバイクに近いものに最終的には的を絞りました。
で、結局これを買いました。
rf7
Raleigh RF7(ラレー ラドフォード7)という自転車です。
続きを読む

転職したてで更新滞り中

更新が滞っております。 2月いっぱいでアニメ業界を去り、3月から広告業界で働いておりますが、はっきり言って多忙です。 わずか1週間あまりで既に1回朝の電車で帰宅、一回はタクシーを経験しました。 こりゃアニメ業界と忙しさはどっこいどっこいかもしれない。 慣れてないぶん、今はすごくしんどい。 メインで使用するソフトがPhotoshopからIllustratorに移ったのも痛い。 使えるとは言ってもブランクがあるし、しかも今どきバージョン8.0というなんともレガシーな環境。 完全に忘れてます。 というわけで、書くことは溜まっていくばかりなのですが、今後しばらく更新頻度は落ちます。 ご了承ください。 ... Read More

PageRank更新・1から3へ!

なんとこのサイトのPageRank(ページランク)が1から3になりました! あくまで指標のひとつに過ぎませんが、嬉しいです。 PageRankは数ヶ月ごとに更新があって、前回は昨年10月だったそうです。 このサイトは12月にPhotoshopのブラシの記事を書いてから、訪問者数が伸びたり、リンクやブックマークがつきだしたので、それを評価されたということなんでしょうね。 個人サイトだと3から4が人気サイト、5でアルファブロガー級だそうなので、まあここから上がることはそうそう無いと思いますが…… Photoshop関連、書きかけの記事がいっぱいあるので、さぼらずアップしていきたいと思います。 ... Read More

アニメ業界の”中の人”から見た「中国動漫新人類」

まだ私が日本のアニメ業界の「中の人」であるうちに書評を。 すごい。「中の人」やビジネスで中国と関わる多くの人は必読。 そしてそれ以外の方、特に中国人を毛嫌いしたり、どうせ観てるのは海賊版だろ?ってツッコミを入れるような人にこそ読んで欲しい。 本書「中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす」は、NBonline(日経ビジネス... Read More

『月刊真木よう子Special』を購入&レビュー

Webサイト上では売り切れだったり、入荷未定だったり、はたまたプレミア価格だったりの『月刊真木よう子Special』。 近所のコンビニに売っていたので買ってみました。 紙製のジャケットに封入されています。 中身を取り出すと、写真集とともになにやら紙が。広げてみるとポスターでした。 ポスターはB1サイズで、ジャケットから「月刊真木よう子」の部分をとったもの。 中綴じのインタビューでは、前回の「月刊真木よう子」からの心境の変化、ドラマ「SP」のことなどが語られています。 今回の写真集のテーマは、撮影のリリー・フランキーさんの短編集「ボロボロになった人へ」の一編「おさびし島」だそうです。 私は以前その話を読んだことがあったので、なるほど、と設定を楽しむことができました。 簡単に説明すると、都会の生活に疲れた男が逃げる「おさびし島」という島があって、そこにただひとり女の子がいて、みんなその女の子とやってて、という話です。 マンガで言えば山本直樹なんかの世界観に近い話。 それを作者本人が撮影して、なおかつ被写体が今をときめく真木よう子とくれば面白くないわけがありません。 ただですね、セクシーショットや扇情的なショットは満載ですが、ヌードは当然ありません。 そりゃもちろん月刊アクトレスシリーズですから。 そのへんを理解して、コンセプトを楽しめる方にはオススメです。 月刊真木よう子Special 新潮社... Read More

Photoshopのブラシのカラーを筆圧でコントロールする

color.jpg

gradient2.jpg

Adobe Photoshopで、ブラシのカラーを筆圧でコントロールする方法を紹介します。
上のグラデーションは、単一のブラシで途中にカラーの設定を一度も変えずに塗ったものです。

必要なもの:

  • Adobe Photoshop 7.0以降(Photoshop Elementsシリーズ不可)
  • Intuosや、Bamboo、Favoなどのペンタブレット

作例はMac OSX、Photoshop CS3の環境です。

Photoshopを起動して、ブラシツールが選択された状態で以下のように設定します。
続きを読む

リサとガスパールのエコバッグをもらった

2月1日から4月30日までのPascoのキャンペーン、「リサとガスパールのおかいものエコバッグプレゼント」のバッグをもらいました。 と言っても、せっせとキャンペーンシールを集めたのももらったのも妻ですが。 キャンペーン内容は、対象商品についている応募シール30点分を集めて、店頭でバッグと交換するというもの。 おかげでこの一週間、私もパンばかり食べていました。 注意点としては、必ずしもPascoのパン全部が対象商品ではないこと。 ピンク色のシールが袋に貼ってあるか、よく確認しましょう。 あと、意外とPascoのパンを見つけるのに苦労しました。 今どきコンビニはオリジナルブランドを展開しているし、スーパーなどでもやっぱりヤマザキのパンが一番置いてある。 トートの内側には小物入れがついており、しっかりしています。画像は小物入れについているタグ。 素材はポリエステル/ポリウレタンコート、いわゆるナイロン製。 サイズは320mm×320mm×底マチ140mm。 耐荷重7kg キャンペーン画像だと子供が持っていてやけに大きく見えますが、エコバッグとして使い勝手のいいサイズだと思います。 レコードジャケットがちょうど入るくらい。 さっそく買い物袋として使ってみましたが、うん、いい感じ。スパゲティをまとめ買いしたりけっこう重いものを入れましたが、不安感はありませんでした。まあこういうものはキャラクターが好きかどうかが大きいと思うので、「リサとガスパール」好きならシールを集めて損はないですよ。 ... Read More

マルセイバターサンドを買ってきた

バレンタインデーは、普段は食べられないスイーツが手に入るチャンス。 東急ハンズ新宿店で、六花亭 マルセイバターサンドを買ってきました。 2月14日まで、東急ハンズ新宿店では ... Read More

転職活動:内定フェーズ

12月から転職活動をしてきましたが、内定フェーズに入った案件が出ました。 順調にいけば、その会社に入ることになると思います。 今までは、【アニメーション業界】の【アートディレクター】でしたが、 4月からは、【広告業界】の【企画ディレクター】というのが肩書きになります。 あくまで順調にいけば、ですが。 それに伴ってこのブログの内容も変質していくかもしれませんね。 ... Read More

LEGOのGoogleロゴ

LEGOooooogle !!! 興奮して思わずエントリー。 50th anniversary of the LEGO brick だそうで。 ナイス。 Portfolio見てもわかるとおり、私はLEGO好きです。 ... Read More

ムック本 映像+(プラス)01 人形アニメーションの現場

映像+ 1 (1)
映像+ 1 (1)
グラフィック社

人形アニメーションに興味がある人ならば必携のムック本。

Amazon上では画像すら無く、目次などの情報も無いので、まず買おうとは思わないかも知れないけれど、もしこれを読んでいるあなたが、「人形アニメーション」「クレイアニメーション」「ストップモーション・アニメーション」などに少しでも興味がある、もしくは「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「ウォレスとグルミット」「プチプチアニメ」などが好きならば、まず買って後悔はしないと断言できます。 続きを読む

ポートフォリオ(作品集)と著作権

このサイトをそもそも作った発端はポートフォリオ(作品集)をWEB上で作ろうと思ったからでした。 しかし実際には残念ながらほとんど載せていません。 その理由は簡単で、大学を出てから、仕事で作ってきたものほとんど全てには著作権だったりクライアントだったりがあるから。許可無く個人サイトに載せることはできないわけです。 今、転職活動用にポートフォリオを作ってみて、そこに載せた作品(と呼ぶほどのものではないけど)と、このサイトを比較すると、思わず無断で載せちゃおうか、と一瞬考えたりもします。 実際フリーランスのクリエイターさんで、一見コピーライト表記をつけていたりしてそれっぽいけど、恐らく無許可だろうなあという画像を掲載しているサイトをときどき見かけることがあります。 まあしかし、それで信用を失ったり、炎上したら元も子も無い。 また仕事以外にプライベートで作品を作っている人はそれはそれですごい。 仕事にもよるけど、クリエイターって職種は、基本的に拘束時間が長いはず。 個人作品の質と量を充実させるのは並大抵ではない。 ってまあいろいろ書いたけど……結局自分が怠慢なだけのような気もします。 ... Read More

Photoshopでリアルな鉛筆ブラシを作る方法

sample_pencil

sample_gorilla

Adobe Photoshopで、上の画用紙に描いた鉛筆のような表現を、ブラシの設定を行うことで実現する方法を紹介します。
ブラシやパターンのプリセットは全て標準でインストールされているものを使用しています。

必要なもの:

  • Adobe Photoshop 7.0以降(Photoshop Elementsシリーズ不可)
  • Intuosや、Favo、Bambooなどのペンタブレット

作例はMac OSX、Photoshop CS3の環境です。

Photoshopを起動して、ブラシツールが選択された状態で以下のように設定します。
続きを読む

iMac 24インチ : 2.4GHz 購入

年末にiMacを買いました。 昨夏発売のモデルです。 もともとはiBookを買おうとしていたのですが、紆余曲折を経てデスクトップ型になりました。 今まで使っていたのが鏡餅のような形のiMacで、約5年半を経ての買い替えなので、ありとあらゆる動作に大感動です。 まず当たり前ですが動作が軽い、早い! まあこれは比較が比較なんで当たり前ですね。 iPodも今までUSB1.0でアホみたいに遅い転送速度で我慢していましたが、やっとUSB2.0になりました。 Mac... Read More

転職活動中

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 さて私事ですが、諸事情から現在勤務している会社を2月いっぱいで辞め、転職することにしました。 円満退職です。 アニメーション業界を去ることになると思います。 で、転職活動はじめました。 業界自体を去るつもりなので、コネが全くありません。 正月に実家に戻った際も、浪人時代の石膏デッサンを引っ張りだして、デジカメで撮影したりしていました。 もちろん就職活動用のポートフォリオに載せるためです。 路頭に迷わないように頑張ります。 ... Read More

スローロリスTシャツとエコバッグを作りました

年内に新作を販売という告知をしておりましたが、 ちょっとデザインを仕上げる余裕がとれそうに無いので、 取り急ぎ、前回のデザインの色違い、レイアウト違いを用意いたしました。 また販売方法を変更いたしました。 大手のサービスを使用していますので、アイテム選び、振込み、発送など、 前回よりも安心でスムーズになっていると思います。 では説明です。 ロリスラブ Tシャツ(ホワイトプリント) ロリスラブ エコバッグ(小) 今回は限定では無いので、好きなときにお求めいただけます。 また、例では半袖Tシャツとエコバッグですが、 長袖、ラグラン、ジップパーカ、犬用Tシャツ、ロンパースなどさまざまなアイテム、 さらにいろんな色をお選びいただいて、世界でひとつだけのアイテムを、 手に入れることができます。 (プリントカラーは変更できません) 例えばTシャツと、犬用Tシャツ(S)をペアルックにして、 ご自分のスローロリスに着せてみてはいかがでしょうか? 価格はアイテムや色によって変わります。 参考価格として、 上のTシャツ:¥2,625(税込)、 エコバッグ:¥1,575(税込) となります。 また来春になってしまうと思いますが、完全新作デザインも追加する予定です。 なので、夏にTシャツを購入してくださった方はそちらを待っていただいたほうがいいかもしれません。 下記リンクをクリックすると、富士フィルムが提供している「デザインガーデン」というサイト内の 「SlowLoris」という私の販売ページにジャンプします。 あとは商品をクリックし、ボディやカラーをお選びください。 https://designgarden.jp/slowloris/ ... Read More

アニメの背景画とPhotoshop

日本のアニメーション業界のデジタル化というのは、「仕上げ(キャラクターの色塗り)」と「撮影(コンポジット)」においてはほとんど100%完了している。 現在、唯一アナログ彩色、アナログ撮影をしているのは「サザエさん」。 この2つの行程はデジタル化によるメリットが大きく、移行時の弊害もそこそこに、瞬く間にデジタル化された。 じゃあこれ以外の行程、大きく分けて、「作画」と「背景美術」はデジタル化されないのか?といえば、デジタル化していこうというムーブメントが一時的に起こったり、会社単位で言えばデジタル化した所はあれど、未だに業界全体がデジタル化の方向に動いているという話はない。 なぜデジタル化していかないかといえば、理由は簡単で、デジタル化しても撮影やペイントほど効率化するわけでもなく、それでいてアナログの風合いが無くなってしまうから。 それでも「背景美術」に関しては少しづつデジタル化が進んでおり、2007年現在、統計を取ったわけではないけれど、たぶん制作されている作品の半数ぐらいがデジタル上で作られている。 具体的には、Adobe... Read More

Photoshopでリアルな水彩画風のブラシを作る方法

water_example.jpg

lotus.jpg

Adobe Photoshopで、上の画用紙に描いた水彩画のような表現を、ブラシの設定を行うことで実現する方法を紹介します。
ブラシやパターンのプリセットは全て標準でインストールされているものを使用しています。

必要なもの:

  • Adobe Photoshop 7.0以降(Photoshop Elementsシリーズ不可)
  • Intuosや、Favo、Bambooなどのペンタブレット

作例はWindows 2000、Photoshop CSの環境です。

Photoshopを起動して、ブラシツールが選択された状態で以下のように設定します。
続きを読む

Photoshopでリアルな水墨画風のブラシを作る方法

suiboku1.jpg
mouhitsu2.jpg

Adobe Photoshopで、上の絵のような和紙に墨がにじんだような表現を、簡単なブラシの設定を行うことで実現できます。
ブラシのプリセットは標準でインストールされているものを使用します。

作例はWindows 2000、Photoshop CSの環境ですが、Adobe Photoshop 7.0以降のバージョンならばオーケー。
Photoshop Elementsシリーズでは再現できません。悪しからず。

また、ペンタブレットが無いと、濃淡を再現することができないので、これも必須でしょう。

Photoshopを起動して、ブラシツールが選択された状態で以下のように設定します。
続きを読む

ノートか?デスクトップか?の決め手

春にフルハイビジョンの32インチ液晶テレビを購入したのですが、 その最大の決め手となったのは、Macのモニタとしても使えるということでした。 (今でも毎月ローン返済中……) 1920×1024のデジタル接続モニタに地デジチューナーがついていると思えば、 精神的な減価償却ができるな、と思ったわけです。 で、ついにうちのMacを5年半ぶりに買い換えようと思っている今日この頃。 安いノートサイズを買って、テレビに接続するという構想を相方に話したら…… 「それじゃmoboがパソコンいじってるとき、あたしがテレビを観れないじゃん!!」 確かに…… 「moboがパソコンに向かってるときこそテレビ観たりゲームやったりしたいじゃん!!」 確かに…………暇だもんね。 あっそうだ! ほら、買い換える前の15インチの下のほうが映らないアナログテレビをしまってあるじゃん。 あれを使えばいいじゃイタッ!痛い!! ごめんなさい……テレビはそのままでいいでふ。(腫れた頬をさすりながら) 今回もデスクトップのMacを買うことになりそうです。 ... Read More

画材としてのPhotoshop

私が人に対して何かを教えることができるか? 考えた結果、それはPhotoshopのことくらいだな、と思い至りました。 今後、画材としてのPhotoshopのTipsを書いていきます。 特にブラシの具体的なカスタマイズ方法などのノウハウを中心に紹介します。 画材という意味ではやっぱりPhotoshopよりPainterでしょ! ……という方にこそ読んでいただきたいと思います。 Adobe... Read More

懐かしき哉、卒業制作

大学の卒業制作関連のデータが、卒業直後から「フォルダが壊れています」というアラートが出て、Macから取り出せなくなっていました。 その後、そのデータはMDに移し、Mac自体は買い替え。MDドライブもシリアル接続からUSB接続へ買い替え。その度にデータを取り出そうと試みるものも、やっぱりうまくデータが取り出せませんでした。 それが、なぜかさっきあっさりとアクセス成功!7年半ぶりにアクセス成功!!! というわけで卒業制作のポスターです。 B1でプリントしたものを持っているのですが、嬉しいです。 あ、これ以外の卒業制作もろもろは今見るといまいちです…… ... Read More

電子オルガン奏者の振り見て我が身を振り返る

小学生の頃、エレクトーンを習っていました。 エレクトーンというのはヤマハの商標なので、一般名詞では電子オルガン。 学生時代の知り合いで、プロの電子オルガン奏者(エレクトーン奏者)になった人がいます。 ずいぶん前になりますが、その人の演奏を聞きに行きました。 カフェを貸切にしたミニライブで、ジャンルとしてはコンテンポラリーなのかな。 その人自身が作曲した曲を演奏する。 興味深く、面白く拝聴したのですが、ひとつの疑問が浮かびました。 プロの電子オルガン奏者っていったいなんなのか? 調べてみると、 ひとつは野球場などスポーツ会場で試合の合間合間に流れる音楽を演奏する人。 その他大小各種イベントなどで必要なのでしょう。 もうひとつは音楽教室の先生。 エレクトーンという楽器自体、日本の(ヤマハの)音楽教育システムとともに発展してきた経緯があります。 まあしかし、ピアニストやキーボーディストに比べるとニッチというか、マイナーっぽい。オーケストラと共演もしなければ、バンドに参加もしない。(私の知り合いの方は他ジャンルの方と共演されたりして活躍されているようなのですが、やはりもともと知り合いでなければ私が知ることはなかったと思うので……) これ以外に教会のオルガンを演奏する人(元々のオルガン奏者はこっち)、ハモンドオルガンを演奏する人なんかがいるけど、今回はパイプオルガンから派生したこちらのジャンルには触れません。 で、さらに調べていくと、どうも電子オルガン奏者共通の苦悩があるみたい。 曰く、「電子オルガンの音楽上の特色とはなにか?」 電子オルガン自体の特色というのはもちろんあって、それは一人で言わばバンドの全てのパートを演奏できるというところ。右手で主旋律。左手でコード。左足で... Read More

「おひとりさま」のミスリード

「おひとりさまの老後」という本が売れているらしい。 あることが不安で気になって本屋で立ち読みしてみたら、やっぱりその通りだったので、書いておきます。 そのあることというのは「おひとりさま」の意味。 「おひとりさま」という言葉、数年前から「負け犬」という言葉と一緒に流行って、定着した感があります。で、ごっちゃに使われている。 元はそれぞれ本のタイトルから来ていて、 「おひとりさま」著者:岩下久美子 「負け犬の遠吠え」著者:酒井順子 がそれに当たります。 世間的には「30代以上・未婚・子ナシ」くらいの意味合いなのかな? いや、「おひとりさま」は未婚女性くらいの意味合い? 「おひとりさまの老後」では、この「おひとりさま」と「負け犬」という言葉がポンポン出てきて、入れ替え可能な言葉として扱われている感じ。 もちろん内容は独身女性の老後の話です。 でも結論から言えば「30代以上・未婚・子ナシ」というのは「負け犬」の定義であって、「おひとりさま」の定義ではありません。 書籍「おひとりさま」の帯にはこんな風に書いてあります。 おひとりさま... Read More

「アニメ」と教育

私は、「アニメ」という言葉は「アニメーション」の単なる略語ではなく、”日本のアニメ産業”製のアニメーションだと定義しています。この文章内の引用では、「アニメ」「アニメーション」という言葉の使い分けは必ずしも私の定義の通りではありません。 こんなニュースがありました。 アニメは学問 国立大お墨付き 東京芸大、院に専攻新設 国際的に活躍できるアニメの監督や研究者を育成するため、東京芸術大学(宮田亮平学長)が大学院にアニメーション専攻を新設することが17日、分かった。芸大は文部科学省に設置を申請しており、11月に予定される大学設置審議会で正式決定される。大学院にアニメや漫画の専攻ができるのは全国で初めて。芸術系大学の最高峰に新設されることで、アニメの芸術性が学問的にも認められた格好だ。 文科省や大学関係者らによると、新設するアニメーション専攻は、日本の文化として認知されつつあるアニメを、より積極的に世界に発信していく狙いもある。 来年度から映像研究科の修士課程で16人を募集する。大学の学部段階で絵の描写や物語の構成方法を学んだ学生を対象に募集をかけ、アニメ専門家としての才能を発掘、作家や監督、研究者を養成する方針だ。 カリキュラムは実習を重視。制作技術や物語の構成だけでなく、3Dグラフィックなどの立体アニメも研究する。外部プロデューサーも招聘(しょうへい)することも検討している。 東京芸大には美術学部、音楽学部とそれぞれの大学院があるが、平成17年、総合芸術大学への転身をはかるため、学部を持たない大学院だけの映像研究科を横浜市に新設。映画専攻とメディア映像専攻を設置し、黒沢清監督や北野武監督らを教授に迎えて話題になった。 アニメや漫画をめぐっては、京都精華大が12年に「マンガ学科」を新設。その後、文星芸術大、東京工芸大、東京造形大などで同種の学科やコースが続々と誕生した。今回、東京芸大の大学院も名乗り出たことで、追随する動きがさらに広がりそうだ。 ◇ ■歴史浅く時期尚早? アニメやマンガの文化性は認めても、学問としての芸術性を認知することに異論もある。田中英道・国際教養大特任教授(文化史)は「アニメは歴史が浅い。芸術としての内容と質は足りずジャンルも確立していない。私大ならともかく、国費を投入した国立大で研究するには時期尚早ではないか」と話している。 (2007/09/18... Read More

アイキャッチ完成

サイドバーにマークを表示。 とりあえずこれで当初考えていた要素がそろったという事で、表面的なデザインは完成。 仕事の忙しさも相まってエンブレムのデザインに思ったより時間がかかってしまいました。 医の紋章「カドゥケウス(ヘルメスの杖)」、家紋の「丸に梅鉢」、「虎の顔」という要素で作りました。 ……あとはコンテンツの充実ですね。書きたい事、やりたいことは溜まってます。 形にする時間がなかなかありませんが、頑張ります。 ... Read More

IE6への対応に四苦八苦

ヘッダー下のナビゲーションバーを、アイコンと文字で構成した画像で置き換え、 苦労してカレントのページがわかりやすいようにしました。 その経緯は後でまとめて書くけど、問題は、今日何気なく会社のPCから、このサイトを見てみたときでした。 ……ナビゲーションバーが表示されていません。 Windows版のFirefoxではちゃんと表示されるけど、Internet... Read More

タイトルロゴ案

なかなかいいロゴ案が思い浮かばない。 ともあれ、ああでもない、こうでもない、と、 字を眺めたり、しばらく放っておいたりする作業はとても楽しい。 今日のサイトの変更、改善点。 Vicuna... Read More

WordPressでのサイト立ち上げ

ドメインを取得し、ブログツールを使ってサイトを立ち上げて3週間。 イメージとしては、いわゆる日記や雑記を書く、メインのブログとともに、 過去の作品(ポートフォリオ)や、自己紹介、連絡フォーム等を静的なページで構成、 という感じでした。 企業の提供するブログだと、やっぱりこのへんの自由度が低い事、 著作権の問題などが微妙な事、 企業名のドメインを名詞等に刷りたくない事、 あともちろんデザインの自由度が低い等の理由でやめました。 というより以前Yahoo!ブログをやってたんだけど、 そのときの不満点から、ブログを離れて、mixiで日記を書いていたのです。 まあこの時の最大の不満は、機能的な部分よりも、 ネット上での人間関係の面倒臭さ、しんどさだったんですが。 でもmixiで書いていると、たまに、 「この日記はfeed検索やGoogleであとあと検索できて欲しいなあ」 と思うことが出てきました。 つまり僕にとっては、知り合いに読んで欲しい近況、日記は、mixiが適している。 (mixiはしんどくならないように、直接の知り合い、友人しかマイミクに登録していない) 一方、ある程度、公共的な意味合いがありそうな内容… 日記というよりは記事とでもいうべきもの、 これはブログが適しているなあと思ったわけです。 自分勝手といえばホントにその通りなんですが。 最初はリリースされたばかりのMovable... Read More

ハリボー -Liteboxのテスト

Liteboxのテスト。 画像をjavascriptでかっこ良く表示するプラグイン。 リンク先はそれをWordPress用にカスタマイズしたパッケージ。 ハリボーのアイコンをクリックすると、 大きい画像を表示。 大きい画像のみウォーターマークを埋め込み。 これはFlexible... Read More

パンダにやられました

ドリカムの「未来予想図III」が発表されて すごく驚いているmoboです。こんにちは。 ヘルメットを5回ぶつけ、 ブレーキランプを5回点滅して、 サインを確認してきたカップルの、 今回のサインは、 花火でハートを5回描くことだそうです。 ある日下北沢の雑貨屋で見つけて以来、 ずっと買うかどうか迷っていたものを ついに買いました。 この決断までにおよそ半年。 頑張りました。 これです。 パンダの四十八手マグカップ。 本来ジョークで済まされない下ネタと、 愛くるしいパンダの奇跡のコラボレーション。 これなら職場で使っていても、 後ろ指を指されるどころか、 ひょっとしたらパンダ好きなあの娘と意外な進展が…!? …あるわけはないんですが、気に入ってます。 残念なのは四十八手なのに二十五手しか 描かれていないところ。 他にも夫婦湯呑など、 いくつか関連グッズがあるようでした。 僕は春画や四十八手指南など、 江戸性風俗関係に昔から興味があって、 いろいろ資料やグッズを集めているんですけど、 このパンダにはやられたなあ~ 一本取られました。 夏本番、今週もみなさんが健やかに過ごせますように。 ... Read More

食/沖縄・モロッコ・成城

カラダを鍛えるWii Fit & Wii バランスボード発表
http://japanese.engadget.com/2007/07/11/wii-fit-balance-board/
こんなのが発表されて、

任天堂Wiiは体重計と繋がる!?
http://konikugan.com/?p=15
Wiiの発売前にこんな日記を書いていたことを自慢したい今日この頃。
(アナリストも業界記者も体重計型コントローラーは予想できなかった)
いかがお過ごしですか?
僕はこれが目的で自分と親にWiiを買ったので、やっとという感じです。

もはや備忘録と化しているけど、連休の話。
画像もなにもなくてごめんなさい。
続きを読む

【宣伝】ロリスのTシャツはいかが?

宣伝です。
胡散臭いですが許してやってください。

スローロリスのTシャツを作りました。

完全オリジナルなので、2度と手に入りません。

図案は私、moboが制作、
業者に発注し、単色シルクスクリーン印刷でプリントします。
インクは水性(染み込むタイプ)です。
もちろん耐水性があります。

Tシャツのボディは定番のAnvil。

anvil_tag

背中にこんなタグが付いているTシャツ、見た事ありませんか?

つまり、よくあるアパレルショップオリジナルTシャツのものと
同質とお考えください。

さて、デザインです。
続きを読む

描けなくなる日

なんとなくネガティブな話です。 なので沈みたくない人はこの先読まないのが吉です。 梅雨だしね。 別にこの業種に限ったことじゃないんだろうけど、 突然絵が描けなくなってしまう人がいます。 スランプというといわゆる「不調」くらいのイメージだけど、 もっと漠然とした感じだと思います。 燃料切れというか。 やればいいことはわかっている。 別に悩むような絵でもない。 でも描けなくなる。 手が動かない。 これと言った理由が無いので、 なぜ納期に仕事があがらないか聞かれても、 要を得ません。 今、仕事を頼んでいる人で、 どうやらその状態になってしまったんじゃないかという人がいます。 恐らく苦しいと思います。 あえてそういう状況を説明するなら、 状況が俯瞰できてきたということだと思います。 もどかしさが手を止め、足を止める。 作ってるアニメの中の出来事なら、 うまくいかない時期を経て、最後には一回り成長して、 新しい自分とやらを手に入れることが出来るかもしれません。 でもそんな日が来るとは限りません。 そしてそんな日が来て絵を描き続けるよりも、 別の幸せがあるかもしれません。 周りで体を壊す人、心が蝕まれていく人も後を絶ちません。 僕はクリエイターとかアーティストとかいう言葉が大嫌いで、 ミクシィのプロフィールで「職業:クリエイター系」が いつも恥ずかしくて変えたいなあと思いつつも、 他に当てはまるものもなくて、仕方なく放ってあります。 まるで、私は社会の役に立たないデクノボウです、 と公表しているような気分になります。 その辺のわけのわからん「クリエイター」なんかより、 近所の美味くて安い定食屋のおじさんの方が、 はるかにクリエイティビティに溢れてると思います。 もちろん僕よりも。 でも仕事上での関係の人が苦しんでいるのをみると、 やっぱりこういう衣食住に関係しない職業っていうのは、 苦しいものなのかもなあ…とも思います。 コンスタントに描き続けることの難しさ。 その作業の、ある種意味の無さに対してどれだけ無感覚でいられるか。 だから50歳とか60歳で、 マンガだったりアニメだったりをやっている人って、 もう素直に尊敬します。 俺には無理だなあ。 ... Read More

イマジカ

今日は6時から初号試写というやつに行きます。 夏休みロードショーのアニメ映画です。 映画の場合、現像して音声と合わせてみないことには 最終的な仕上がりがわからないので、 関係者が集まって仕上がりを確認するわけです。 印刷で言うと色校正みたいなものかな。 ただアニメーションの場合は有名無実化していることが多くて、 関係者への顔見世的な側面もあるような気がします。 もともと35mmフィルムを切り張りして編集しているわけではないし。 まあ色味やディテール、音声なんかは、 初号の後に手直しすることもあるのかもしれません。 そしてその後、問題なければマスタープリントを作成。 さらに全国各館上映用プリントを現像しつつ、 マスコミ用試写会 (テレビでよく報道されているやつ。タレントや抽選で当たった一般の方を招いて上映する。映画の宣伝用) を経て、一般公開に至ります。 行く場所は五反田のイマジカというところ。 試写室の席数はせいぜい200くらいで、 マスコミ用試写の豪華さとは比べるべくもありませんが、 僕を含めた多くのスタッフにとって、 自分の仕事が最終的にどう仕上がっているのか、 初めて確認できる場でもあります。 このときはいつも期待半分、不安半分です。 あ、上で初号の後に手直しするかもと書いたけど、 今回、そして多くの場合、もうそんな時間的余裕はもともとないです。 だって今日は金曜日で、来週がマスコミ用試写会で、 再来週末には全国公開なんだもの。 どんなことがあってもタイムオーバー。 どうしようもありません。 ... Read More

Wiiは買わない方がいい。

任天堂のWiiを発売日に買ってから、3ヶ月以上が経ちました。 結論としては、Wiiは買わないほうがいいです。 以下チャート。 ●Wiiを買った ↓ まずはソフトを買おう ↓ ●「ゼルダの伝説」と「Wiiスポーツ」を買った ↓ テニスで友達と対戦したいなあ ↓ ●「はじめてのWii」を買い、ふたつめのリモコンを手に入れた ↓ ネットにつながってるといろいろできるみたいだな・・・ ↓ ●LANアダプタとLANハブを買った ↓ 昔のゲームもできるんだ・・・ ↓ ●クラシックコントローラとWiiポイントを購入 ↓ 電池が切れやすいな・・・充電池にしよう ↓ ●充電池「エネループ」と充電器を買った ↓ やっぱ15インチのテレビだとつまんないな・・・壊れてきたし、 ここはデカいテレビ買うか! ↓ ●週末32インチのハイビジョンテレビが届きます ・・・2.5万円のWiiを買ったために大変な散財ぶりです。 そんなお金は無いのでテレビはローン購入。 そして今後も新しいエンターテイメントと引き換えに、 僕の手元からマネーが羽ばたいて行くのでしょう。 ・・・Wiiは買わないほうがいいですよ。 ... Read More

「頑張って」は禁句

落ち込んでいる人、困難な目に遭っている人にどんな言葉をかけるか、いつも考えてしまいます。 例えば、介護の世界でごく一般的に言われている事に、 “「頑張って」「頑張れ」は禁句” というのがあります。 簡単に言えば、リハビリや障害で既に頑張っている人に対して、さらに追い討ちをかけるように「頑張れ」と言うのは、むしろ相手を追い詰める事になるというのがその理由です。 でも実際にはケースバイケースで、もちろん言われて嫌な人もいれば、気にならないという人もいます。 言われて嬉しいシチュエーションというのもあると思います。 それにもちろん言う人と言われる人との関係が大切。 ある人は、こんなことを言っていました。 「私も昔は嫌だった。でもある時に、日本語の場合、「頑張って」としか言えないシチュエーションがあるって気がついたから、今は気にならない」 マニュアルチックな話だけど、同じく介護の場合、「頑張って」という言葉は言い換えとして、 「無理しないでね」 「気楽に行こうよ」 があると言われます。 でも、なんていうか、やっぱりそれじゃ当てはまらないシチュエーションっていうのはあると思う。 ピンとこないというか。 でももちろん不用意に「頑張って」とは言えない。 使い分けにいつも悩みます。 今現在の結論としては、僕自身が実際に相手の努力に貢献できる場合は、なんとか「頑張って」を使ってもいいのかな、と思っています。 「レッツ」に近いニュアンスというか。 「頑張ろう」という感じ。 もちろんプロの介護福祉士だったらまた違う判断に決まってますが、まあサービス業でもなく、コミュニケーションの素養のない僕のような人間だったら、なんとかセーフなんじゃないかと。 ただ、離れたとこにいて、無責任に言う事はまずありません。 言葉を探る旅は続きます。 ... Read More

任天堂Wiiは体重計と繋がる!?

こんにちは。 僕が導いたWiiの今後予想です。 もうすぐ任天堂Wiiが発売で、次世代ゲーム機戦争とかなんとか言われていますが、 プレステ3もXbox360も全然関係ないところへ任天堂は行こうとしています。 ●来年後半にWii最大のキラー周辺機器、「体重計」が発売 ・本体とのセット販売もされる ・楽しいトレーニングソフト(仮称:ヘルスパック)で健康ダイエット ・体重、体脂肪など、各データはWiiのカレンダーと同期、グラフ表示される ・体重計は、足用のコントロールデバイスとしても使える ・Miiと呼ばれる似顔絵キャラクターとも連携 ・もちろん「体力年齢」表示(本体同時発売の『Wii... Read More

静電気/特異体質

僕はiPodを持っていません。 たぶんこのことで今まで、10人以上の人に面と向かって驚かれています。 音楽好きでMacユーザー。 デジタル機器大好き。 なのになぜ? その理由はいろいろあるのだけど、最大の理由、 「相方の許可が下りない」という障壁を取り除くべく、 この間、Apple... Read More

4月後半のよもやま話

お寿司屋さんで、生まれて初めてフジツボを食べました。 甲殻類だけに、カニに少し似たような味で美味しかったです。 赤霧島という珍しめの芋焼酎と共に、色々頂きました。 某有名オーガニックレストランのシェフと喋っていたときの話。 有機とか低農薬、無農薬というのは、 結局のところ、宗教のようなものだと言う。 今、どうも最新の説では有機農法というのは、 それ自体には意味が無いということになってるらしい。 つまり有機肥料(糞とか)の中の科学成分が、 植物の栄養になってるわけで、 結局有機でも肥料のやり過ぎでは意味が無いし、 逆に化学肥料でも適切な量なら、なんら問題はないらしい。 ナチュラルハウス(自然食材スーパーチェーン)や、 オーガニックレストランだけで生きてくなんて、 全然意味がないよ、と。 シェフ自らの存在理由をあっさり否定してるのが すごいと思いました。 最近、家でちょこちょこ3DCGのソフトを弄っています。 知らないことを、あーでもないこーでもないと 試行錯誤するのは楽しい。 どうも夏までに引っ越す事になりそうです。 たぶん引っ越し先も下北沢です。 理由は隣人や大家とのトラブルです。 全面的に相手が悪いので、管理している不動産屋さんが 面倒を見てくれそうなのが救いですが、 お金の事を考えるとやはり気は重いです。 秋にバイクの車検もあるし… でも窓ガラスに石を投げられたり、植木を抜かれたり、 扉ポストに生ゴミを入れられたり、 完全にサイコな環境なので、今は早く解放されたいです。 iTunesで落語を聴くのが楽しいです。 時折図書館に行って、志ん生やら談志やらのCDを借りてきては PCに取り込んでいます。 マイミクの親友によると、どうやら新宿のツタヤで落語のCDが レンタルできるらしいので(なかなか無いのです)、 今度行ってみようと思ってます。 ところで落語が音楽ジャンル「WORLD」に分類されるのが なんだかな~と思います。 ... Read More

絵を描くということ

この間、知り合いのイラストレーターの方とちょっと話をしました。 彼女は私と同い年。 雑誌ananの挿画を数年やっていて (ananはだいたい1~2年でイラストレーターを入れ替えるので、彼女は異例らしい) 他雑誌にもいくつか定期的な仕事を抱えていて、 自分名義の書籍を数冊出版、 文具のデザインなども手がけている。 まあイラストレーターとして活躍して成功しているといえると思う。 でもお互い因果な商売だよね、ということで意見は一致しました。 絵を描いてお金をもらうのは、どこか切ない。 自分の絵がどういう価値を持っているか? ほとんどの場合、絵描きは上手だから絵描きなのではない。 巧ければ価値が高まるのならば、努力すればいい。 例えば精緻な地図や科学イラストを描くプロのイラストレーター。 でも今はほとんどCGで作られている。 じゃあ才能があるからか?といえばそういうわけでもない。 20歳そこそこなら「才能あるよ」といわれて、 調子にも乗るけど、もうわかってる。 イラストレーターで、「才能がある」ということは、 アートディレクターやプランナーの「その時の」琴線に触れるかどうか、 ということだ。 そして、その琴線自体が、ひとつの「チャンネル」でしかない。 市場と言ってもいい。 例えば「ニューヨークのファインアート市場」のチャンネル。 「二科展」のチャンネル。 雑誌「イラストレーション」のチャンネル。 「アートアニメーション」のチャンネル。 「マンガ・アニメ」のチャンネル。 (蛇足だけど、美大受験に於けるチャンネルも、もちろん存在する。 海外と日本はもちろん、関東と関西で、良しとされるデッサンは違ってくる。 一言で言えば、関東は立体感重視、関西は陰影重視なのだ) そのどの視点から見ても普遍的な価値を持つ絵なんて存在しない。 そして露出が増えれば、消費されて、古くなる。 つまり、イラストレーターは、ラッキーボーイ、ラッキーガールなのだ。 なので、長く続ける人は、アートディレクションなりへと、 イラスト以外の分野に進出することになる。 30歳前後というのは、その軸足をどこに移していこうかと、 考える時期なのだと思う。 私も考え中であります。 ... Read More

「王道」について

今日発売の雑誌、AERAに、 秋元康と日産のデザイン部だかの人が 対談している広告記事がのっている。 日産の高級セダン「FUGA」について語っているのだが、 タイトルは「王道とは何か」。 なんだかFUGAはセダンの王道とかなんとかごちゃごちゃ言ってるのだが、 あまりにも「王道」を連呼しているので呆れてしまった。 正統派とか安定感とか高級感とかメインストリームとかを言いたいのか。 これは誤用だ。 初めてこの使い方を見たのは、数年前、 どこのメーカーだったか忘れたが、缶コーヒーのCMだった。 コピーはずばり 「缶コーヒーの王道」。 ひょっとしたら広告業界で密かに広まっている、 新しい使い方なのかもしれない。 世界史を勉強した人ならわかると思うのだが、 王道とはふたつ意味があって、 ひとつは儒教の教えに基づく政治思想。 仁徳に基づいた武力に頼らない治世。 対義語は覇道。 もう一つは旧約聖書でモーゼがエジプトを脱出して ヨルダンを北上した「王の道」。 そこから派生して近道、安易な道という意味だ。 この誤用は諺、「学問に王道なし」から来ているのかもしれない。 これは「学問には正統派の正しいやり方はない」 という意味ではなくて、 「学問に近道はない、コツコツ地道に勉強するのが最良の道だ」 という意味だ。 ちなみにこれは幾何学の祖、ユークリッドが、 エジプトのファラオの問いに対して答えた言葉とされる。 王道という言葉には、もともと正統派とか安定感なんていう意味はないのだ。 いわんや高級感をや。 その誤解と共に、二つの意味がごちゃごちゃに使われているのかもしれない。 以前から例えば「ダイエットの王道!蒟蒻うんぬん……」みたいな、 誤用(っぽい)用例はあったのだが、 結果的に「近道」に置き換えても差し支えない使い方だった。 つまり同じ名詞でも「物」を指す言葉に対しては使えない言葉なのだ。 ただの広告じゃなくてAERAとのバーターなんだから、 AERA編集部の文系インテリの連中がなんか言ったりはしないのかなあ? まさか全員知らないなんてことあり得ないだろう。 別に「美しい日本語」とか唱えるつもりは全くないけど、 こんな誤用がまかり通って、コピーライターが金儲けしてるのはどうかと思うのだ。 「食の王道は寿司…セダンの王道はFUGA。」 誤用を利用して、コピーの印象を高めるというのはコピーライターの常套手段だけど、対象年齢層とか考えるとなんか天然ぽいというか…王道より王様の方がまだしっくりくる。 「王道」とか「王の道」は日本人以外も使う思想だったり故事だったりするんだし。 俺がただ単に細かいのかなあ… ... Read More

歴史小説とかビジネス雑誌とか

最近、歴史小説を通勤電車の中で読んでいるサラリーマンの気持ちがよくわかる。 昔はある程度年をとると、歴史に興味が出てきたりするのかなあと漠然と思ってたけど、実感としては、なんか読むと楽なのだ。 なんていうか、仕事をしている時と頭の使い方が似ているというか、切り替えなくてもいい感じ。 本を読み始める瞬間に、その世界に潜っていく感じって、ちょっとした休憩や合間には億劫に感じることがある。 それを比較的感じない。 ビジネス雑誌も面白い。 今「日経ビジネス」の年間購読をしようか(本屋で売ってないので)ちょっと考えてたりする。 全然役立たない仕事なのにこうなのだから、いわゆるスーツ着たサラリーマンはもっとそうなんだろう。 ああこうやって人はオヤジ化していくのだなあと実感する。 ... Read More

DとP

ディズニーがピクサーの買収を発表しました。 ディズニーの取締役にピクサーとアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズが就任したのが個人的には嬉しいです。 ディズニーはアニメーションの内容に対して、財務系の重役が口を出す(Executive... Read More

ガラスペン

周りでよく交わされる会話。 年々質が悪くなっていく筆。 素材の動物の減少もそうだし、いい職人さんが減っているのでしょう。 画材の木炭。 これもいい国産の木材も、炭焼き職人さんも、減るどころか、あまり無くなりました。 アナログとデジタル。 紙と筆で描くのか、コンピュータ上にペンタブレットで描くのか。 ソフトとソフト。 MayaとかmaxとかXSIとかPhotoshopとかIllustratorとかPainterとか。 小学生のとき、何故かガラスペンで絵を描くという授業がありました。 購買でガラスペンが普通に売っていたのです。 小学生が手にする文具ですからせいぜい数百円だったと思います。 割り箸ペンとも、先が金属のペンとも違う独特の描き心地でした。 当たり前ですが筆先にコシが全くない。 ガラスという繊細な素材の印象とは裏腹の書き味です。 難点は乱暴に扱うとすぐ割れる事。 裸でランドセルに入れるのは厳禁でした。 でも確か卒業前にはもう作る人がいないということで、購買から無くなっていました。 きっと僕が生まれる前にはガラスペン画を書く人や、ガラスペン字の達人がいたのでしょう。 何年か前のマイクロソフトのCMで、 「アートとはテクノロジーに近いものです」 と言っていましたが、本当にそうだよな、と最近特に思います。 ハイテクであれローテクであれ、およそ表現というものはいろんなテクノロジーに依存してるんだな、と。 「自分の表現」って、テクノロジーの副産物なのだ。 ... Read More

神はサイコロを振る

今週から始まる日テレのドラマ、「神はサイコロを振らない」のタイトルが気になってます。 予告編を見る限り…なんでしょう?感動モノの恋愛ドラマなのかな? どうも同名の小説のドラマ化らしいので、元はその小説のタイトルが気になる、ということになるんですが。 たぶんこれはTime誌が過去100年で最も偉大な人物として挙げた物理学者、アルバート・アインシュタインの言葉の引用だと思うのです。 量子力学を発展させたニールス・ボーアに対してアインシュタインはこの言葉をいいました。 でもボーア(ら)の提唱した不確定性原理こそが20世紀後半の物理学の発展の礎となったことを考えると、 「神はサイコロを振る」 というのが現在の物理学の考え方だと思うのです。 ちなみにアインシュタインの言葉に対して、ボーアはこう答えたといいます。 「あなたは、話題をいわゆる神の問題に置き換えるのは、注意が必要だと思いませんか?」 たぶんドラマには物理学の「ぶ」の字も関係ないでしょう。 こういう引用というより剽窃の仕方は好きではありません。 ... Read More

日本のアニメーターは、どれほど貧しいか

僕の職業はアニメーション制作業ではあるものの、いわゆるアニメーターではないので、このタイトルの言葉には微妙に当てはまりません。 ちなみにアニメーターとは、アニメーションの作画(原画、動画)を行う人の総称ですが、アメリカでは作画監督クラスの人に冠せられる役職です。「マンション」と同じで日本では大げさな言葉を使っているわけです。 HotWired... Read More

日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ

【地域】の【有名なモノ】 の公式、というのが僕の中にはあって、それはあまりいいものではない。 具体例をあげると… 【下町】の【ナポレオン】 とか 【ナニワ】の【モーツァルト】 とかがそうだ。 【静岡】の【お茶】というのはこの公式には当てはまらない。 なんていうか、こういう代名詞というか煽り文句は、結局のところ対称を矮小化してると思うからだ。 下町のナポレオンは、どう考えてもナポレオンより優れているとは言い難い。 ナニワのモーツァルトも然り。 しかし実際のところ、いいちこはいい焼酎だし、キダタロー氏も優れた作曲家なのだろう。 要は最初っから比べるこっちゃないのだ。 酒の種類も違えば、生きてる時代も違う。 今度タイトルのような本が発売される。 「日本のレオナルド・ダ・ヴィンチ... Read More

動物キャラクタービジネスの弊害

ムシキングのブームで、日本で海外産のカブトムシやクワガタがブームだ。 で、それが日本の生態系に影響を与え始めているらしい。 交雑(日本のカブトムシやクワガタと、外国産のが交尾して、本来いない種が生まれること)も発見されている。 ムシキングのマンガの連載を抱えている小学館は紙面で注意を呼びかけることを決めた。 一方この間深夜にやっていたドキュメンタリーで、東南アジアの山間部の農村で、昆虫フィーバーが起こっているというのがやっていた。貴重な昆虫一匹で、村民の月収くらいになるらしい。もちろんそれらは丁寧に梱包されて日本に送られる。 ファインディング・ニモのヒットで、カクレクマノミが乱獲されて減少しているらしい。 映画自体はほぼ完璧な、動物愛護プロパガンダムービーだとは思うのだけど、観る人にはそのメッセージよりもキャラクターの可愛さの方が大事なのかな。 でも幼児や小学生以下向けのコンテンツビジネスは、つまるところキャラクタービジネスなわけで、動物が主人公である場合、内容に関わらずその動物に注目が集まって、売れる。 僕は実はファインディング・ニモの場合は配給側として間接的に、 ムシキングは制作側として参加していて、いわば当事者というか元凶の一部だ。 作品が悪いんじゃなくて、子供の親が悪いとか、乱獲する業者が悪いと言っても始まらない。視聴者のモラルに期待しても残念ながら、こと動物や生態系の問題はよくなった試しがない。 啓蒙するほど注目が集まって、結果的に被害は拡大する。 物語の持つ力の限界とはどこにあるのか? いろんな思惑の間で、今日も僕は引き裂かれながら仕事をしている。 ... Read More

転職を模索中。

実は転職を考えています。 まあ実際は何も行動を起こしていないので、どうなるかはまだ何とも言えないんだけど… ただアニメ会社の一部署のチーフとして働いていて、部下もいるし、新人も抱えているしで、辞める一ヶ月前に「来月辞めます」じゃ済まないという現実がある。 チーフになれるように部下を育てるか、どこかから次のチーフを捜してくるか…とにかく、布石が必要なんです。 それより大事なのが、じゃあ次の仕事はなにをするのか?ということ。 アニメ業界は全然考えていません。 業界内で転職するくらいなら、別に今の会社のままでいい。 会社に不満があるわけじゃないし。 いや、なくはないけれど、転職のきっかけになるような不満はない。 世の中にはアニメ業界を目指している方がいっぱいいると思うんですけど、で、そういう方には申し訳ないんですけど、誘われたから入った、という感じで、もともとあんまりアニメに興味がないんです。 今も一週間通して、ほとんどTVでアニメを観ないです。 あ、ストップモーションアニメーション(ナイトメア・ビフォア・クリスマスとかウォレスとグルミットとか)は好きですけど。 学生時代もファッションや音楽が好きで、代官山や原宿にいて、アキバとか全然眼中になかった。 今もピアスとハンチングにワークブーツで、ビッグスクーターで通勤と、およそアニメ業界に似つかわしくない格好です。 あ、体型だけはバッチリ染まりましたけど( ̄へ ̄|||) でもやっぱり潰しが聞かないわ、絵描きって。 僕はアニメーションの背景描きなんですけど、業界以外である程度キャリアを活かせるとなると、ん~ゲーム業界くらいかなあ…でもゲームもあんまりやらないので、いまいち興味が持てない。いつでもおいでよ、って言ってくれるところもあるんだけど… あとは昔いた広告業界…性分としてはそっちの方があってるような気もする。 もやもやとそんなことを考えている今日この頃です。 ... Read More

色のいろいろ

「アメリカ人は真っ赤な車を見ると「肉の色だ」と思うそうなんです」 と会議中のふとした雑談から一人の人が言いました。 だからアメ車には真っ赤な車は少ない。 バーガンディとかワインレッドのような、渋い赤ならオーケーなんだけど、真っ赤はアメリカ人にとっては生々しい色に見える。 ―へぇ~そうなんだ。 ヨーロッパでは黄色が若々しい色、青が成熟した色なんだって。 草の色からきているらしいんだけど。 だからヨーロッパの高級車はだいたい青とか紺がラインナップされている。 えっ、じゃあサッカーの日本代表のユニフォームってヨーロッパの人からみたら… うん、日本人からしたら茶色とかみたいな地味~でジジ臭い色なんじゃない? 西欧、つまりアメリカでもヨーロッパでも、黄緑といえば悪魔の色。 旅行行ったとき、黄緑のパーカを着てたらからかわれたよ。 日本だと艶っぽい色といえばピンク色だけど(例:ピンク映画)、中国では黄色がその色に当たるんだって。 濃い紫が高貴な色って、今の日本人にはもうあまりピンと来ないよね。 ―とまあそんな話でした。 僕は学校でも色彩学は学んだし、仕事にも関係するので色についての専門的な知識というのは、あるほうだと思うんですけど、赤が肉の色だなんてのは知らなかったです。 面接官をしている際に履歴書を読むと、けっこう資格欄に「色彩検定2級」とか書いてあることがあります。 色に対しての正しい知識を身につける、それ自体はいいと思うんですけれど、別に資格なんか関係ないと思うので、少なくとも僕は全く考慮の対象にしません。 が、みんな興味ある分野なんでしょうかねぇ…やっぱり。 学校とかテキストとか検定料とか、一大産業ですよね。 カラースタイリストやカラーセラピーになると、ちょっといかがわしさを感じてしまいます。 「本場イギリスのカラーセラピーの技術をあなたに…」 最初の例でわかる通り、色から受けるイメージというのは文化や宗教、風土と切っても切れない関係にあります。 目の色によっても見え方は違うだろうし。 色の波長によって人間がイメージを浮かべるというのは、例えば動物にも共通の「赤は攻撃色」なんかはあると思うのですが、細かい色に当てはめると絶対に矛盾が起こるはずだと思うのです。 例えば「虹色」と言えば日本人は7色と思うんですが、これは世界の国々でバラバラで、5色だったり9色だったり、まさにいろいろなんです。 紫は欲求不満?ホントかよ…イギリスの理論だとしたらパープルとバイオレットとどっちのことをいってるんだろ? カラースタイリストは…ちゃんとしたデザイナーなりディレクターがいれば十分だと思うんですけど…アニメーション業界にはカラースタイリスト=色指定(各... Read More

DVDの特典って

こないだ僕がスタッフとしていて参加していたアニメーションに関する撮影がありました。 それはDVD特典用のメイキングというやつです。 ビデオカメラが製作現場にきて、こういう風な工程を経てアニメーションは出来上がっているんだよ、ということを撮っていきます。 舞台裏ってやつなんですかね。 まだあがりは見ていないんですけど、なんか絵面っていうんでしょうか、作るのはプロでも、映るのは素人ばっかなので、ムサい感じになってるんだろうな~と想像します。 で、それを補うためにテロップとか多めになってそう。 僕は実はいちおう部署のチーフなので、いろいろ説明したり、作ってて楽しかったことや大変だったことを説明しました。 とはいえオタクや大人向けではなくて、幼児向けのアニメなので、あまり細かい専門的な事は説明していません。 本当はもう作業は終了しているので、作業風景は少なくともうちの部署に関してはヤラセでした。 実際、超忙しい時期にカメラなんか来られたら迷惑で仕方ない。 しかし冷静になって考えてみるとせっかくDVDを買って特典映像がメイキングって、小さい子どもにはどうなんだろう? ありがちですけど、なんかイマイチな感じがします。 小学生くらいになればある程度面白いと思うんだけど… 僕はメイキング映像観るのが楽しみでDVDを買ったりするんですけど、まあ仕事が仕事なんでちょっと参考にならないですよね。 やっぱり番外編で小さいボーナスエピソードがあったり、あくまで、キャラクターやお話を充実させる方がいいんじゃないかなぁ… そのぶん時間と予算は余計にかかってしまうんですが。 今年の頭くらいに発売された「メリーポピンズ」には、実は特典映像のスタッフとして参加しました。 ディズニー時代の最後の仕事だったのかな。 それは10分くらいの番外編なんですが、なかなか良くできていたように思います。 なんかアメリカのDVDアワードだか、賞にノミネートもされたようなので、観た人の反応も良かったのではないかと想像します。 メイキングといえば、もう結構前の話ですけど、ポンキッキーズに出たこともあります。 ブラザートムさんが「バットム」というキャラクターで、子ども達と一緒にいろんな場所で社会科見学というか体験のようなことをする企画です。 で、ディズニーアニメーションにきて、一日アニメーション製作体験をやりました。 僕は当然現場で迎える側のスタッフです。 まあ子どもやバットムさんが中心で、僕自身はほとんど映ってませんでしたが。 ああ、思い出した!全然取材されてないのにDVDにメイキングがついてた事がありました。 本当は日本で作ったのに、全然知らない外人が、アメリカで作ってるフリをしてる映像です。 発売されてからなんじゃこりゃ!とビックリしました。 未だにあれはなんだったのかわかりません。 さて話は戻って自分が出ているメイキング…やっぱり観たくないです、はい。 ... Read More

メディアの寿命

ときどき耳にする。 例えば「iPod買って、今まで持ってた300枚のCDの曲を全部リッピングして、CDそのものは売っちゃったよ」 例えば「昔から録りためていたビデオの中身を全部DVD-Rに入れてビデオは捨てちゃった」 例えば「フィルムスキャナー買って、全部PCの中にデータ化してプリントもネガも捨てちゃった」 これらは、情報のデジタル化という行為です。 まあCDはもともとがデジタルデータですが、物理的な光る円盤そのものはアナログなので。 小説家であり、本の収集家、博物学者など肩書きは多いけれど、最近では「トリビアの泉」に出てるおじさんというとわかりやすい、荒俣宏さんはこうおっしゃっています。 「メディアの歴史とは退化の歴史である」 ここでいうメディアとはマスメディアのことではなく、記録媒体のことです。 現存する最古のメディアは、おそらく石版や洞窟に彫られた絵や文字です。 その次に皮やパピルスに書かれた文字。 グーテンベルクが発明した印刷術以降、紙に印刷された文字が束ねられたもの、本が主流になった。 今も本は世の中に溢れていますが、今の本は酸性紙などの問題で、寿命が昔の本より短いといわれています。 ここまで見てもわかるとおり、実は耐久年数は時代を経るほどにどんどん減ってきているわけです。 4000年前の石版を今読むことはできても、たかだか300年後に今出版されている多くの本はおそらく読むことができない。 歴史とは情報の集積なので、これは大きな問題です。 ギリシャやローマの科学的な叡智が途絶えて、中世のヨーロッパで、魔女狩りや天動説など、宗教的な世界観がまかり通っていたように、情報が受け継がれないと、人間は発展できない生き物だからです。 そこまで大きく考えなくても問題はいたるところにあります。 パソコンの中の情報を貯める場所、ハードディスクの寿命は数年です。 特に3年過ぎたらいつ壊れてもおかしくありません。 iPodなどのHDDプレーヤーも同様です。 CD-RやDVD-Rも誤解している人が多いですけれど、だいたい早ければ数年で寿命を迎えます。 耐久性を謳っているモデルは10年以上持つ、というものもありますが過信は禁物でしょう。 とにかく市販のパッケージのCDやDVDとは、情報の記録の仕方が違うので、耐久年数がまるっきり違います。 しっかり印刷された文字と自分で水性ペンで書いた文字、という風に考えるとイメージしやすいかと思います。 大切な音楽、ビデオ、写真。 デジタル化すると色褪せることもなく、音飛びもなく、ノイズもなく、永久に保存できるというのは幻想です。 全部消えてしまうくらいなら、多少色褪せてても元のままがよかった…と後悔しても後の祭り。 デジタルな仕事をされている人ほど、実はプライベートではデジタル化に慎重な場合が多いです。 デジタル化を決意した場合、ハードディスクが壊れた場合のために、バックアップ用の予備のハードディスクがまずないと不安。 CDもDVDもかさばらないのはいいけれど、3年に一度はデータを新しいメディアに移し替える。 その手間は相当なものです。 さらにデータを読み取る機械の規格が変わったら、その大事なデータにアクセスする事自体が難しくなってしまうという問題もあります。 かつてビデオがベータだったり、レーザーディスクを持っていた人はよくわかるかと思いますが。 某映画会社は、過去の映画のアーカイブを、ビデオ作品も含めて、全て未だにフィルムで管理しているといいます。 今どきビデオくらいデジタルでもいいんじゃないかと思いがちですが、やはり100年以上の歴史のあるフィルムの方が信頼性が高いということなんでしょう。 自分が生きている間くらいの耐久性のある普遍的なデジタル規格…そんなのがあったらいいんですが、当分は出てこないでしょう。 デジタル化はくれぐれも慎重に。 ... Read More

ガマの油売り

近頃…いやもともと相方はペットショップによく行くのだが、どっかのペットショップから持ってきたチラシをなにげなく眺めていたら興味深いものがあった。 「春だよ!はっぴ〜カエル王国」 な、何これ〜! 「相模川ふれあい科学館」というところで、5月29日(日)までやっているらしい。 「みんな、ふれあい科学館に集合だぁー!! ゲロゲロ」 とチラシの中でカエルさんも申しております。 しかしながらイベント情報だけにとどまらず、チラシの裏にはさらに興味深いコラムが。 以下その文章です。著作権とかで問題があったらごめんなさい。ご指摘のあった時点で修正なり削除なり対処いたします。 万病に効く?「ガマの油」 「さあさあお立ち会い…」こんな口上で始まる「ガマの油売り」。鏡張りの箱に入れられたガマ(ヒキガエル)が、写った自分の姿に驚き流す油汗を煮詰めたと言われる万病薬「ガマの油」とは? 伝説では、筑波山の中腹にある中禅寺の住職、光誉上人がヒキガエルの分泌液に薬草、油などを調合して作ったそうです。その薬を大阪夏の陣、冬の陣で徳川方に従軍した際、戦傷者の手当てに使ったところ、非常によく効き評判になったのがはじまりといわれます。 ヒキガエルは危険を感じると、目の後ろのコブ(耳腺)から白い液を出します。これはブフォトキシンという毒で、目に入ると激しく痛んだり、噛んだ犬が泡を吹いて苦しんだりしますが、麻酔や強心作用など強力な薬効成分を含むことも確認されています。戦前まではその成分が入った本物?の「ガマの油」も存在したらしいのですが、現在では大道芸「ガマの油売り」などで、まったく別の成分で作られたものがうられているようです。 補足としてちょっと調べてみたら、このガマ、具体的には「シナヒキガエル」という種類みたいですね。 そして分泌される毒は蟾酥(せんそ)と日本では呼ばれたものだそうです。 さらに「ガマの油本舗」という販売元が現在では閉店してしまったそうで、油売りが伝統芸能として残り、薬の販売はされていない模様。 一説には馬の脂から作った馬油が実際には売られていたとか。真偽のほどはわかりませんが。 僕は「ガマの油売り」は「ノミのサーカス」と同じくらい、大道芸や見世物小屋につきものの、いかがわしいインチキだと思ってたので、本物が存在したり、大阪冬の陣とか由緒正しかったりしたのが意外でした。 毒なのはビックリですが、そのぶんマジで効いたんだろうな。 まあしかし、もう今後、口上も含めてだんだん忘れられていくことは間違いないでしょう。 寂しい気もしますが、声高に存続を願うほどの思い入れもないので、まあこのへんで。 ... Read More

スリーピーホロウ

「スリーピーホロウ」といえば、ティム・バートン監督で、ジョニー・デップ主演、クリスティーナ・リッチがヒロインの映画が有名ですが、どうもアメリカではかなりポピュラーなお話らしく、他にもいろんなバージョンがあります。元はと言えばワシントン・アーヴィングという人の小説だそうです。 日本でいうと小泉八雲の怪談話みたいな感じなんでしょうかね。 ティム・バートンは、20代の頃、ディズニーのアニメーターだったのですが、彼が子供の頃に影響を受けたディズニー作品として、いつもまず挙げるのが、この「The... Read More

デ・ニーロ伝説

映画「アンタッチャブル」(芸人さんのアンタッチャブルの方が最近では思い出されますが…)が大好きで、この間DVDを買ったんです。 まだかっこいい頃、というかこれが出世作のケビン・コスナー この映画で、再び人気が再燃したショーン・コネリー アンディ・ガルシアもこれが出世作 そしてアル・カポネ役のロバート・デ・ニーロ 衣装がジョルジオ・アルマーニ 音楽が巨匠エンニオ・モリコーネ そして監督のデ・パルマ節が炸裂! いやいや、すごい布陣だ… 昔テレビで放映したものを録画したビデオを、それこそ擦り切れるほど観ました。 ファッションやサントラに興味を持ったのもこの映画がきっかけかもしれません。 で、DVD。 豪華特典映像ってやつがついていました。 製作秘話とかが収録されているというんで、それを観たんです。 ここでちょっと話が変わるんですが、ロバート・デ・ニーロの逸話っていうのがあります。 元祖カメレオン俳優のロバート・デ・ニーロ。 「タクシー・ドライバー」での常軌を逸していく人物など、演技力はもちろんのこと、演じる役柄によって肉体も著しく変貌させてしまうことからついた異名です。 いろんな逸話があるんですよ。 【「レイジング・ブル」では劇中で何十キロだか体重を増やした】とか。 で、そのなかに、 【「アンタッチャブル」のアル・カポネ役をやるために前髪を抜いた】というのがあるんです。 アル・カポネというのは実在したシカゴのマフィアで、禿げているんです。 で、それを演じるために、全然禿げていないデ・ニーロは、自らの前髪を抜いた。 初めてこれをなんかの本で読んだときは驚きましたよ。 さすがにカメレオンの異名をとるだけのことはあるな、と。 やれといわれても普通できないですよね。 特典映像のインタビュー、デ・ニーロは出てこないんですけれど、その他の主要な役者、そしてプロデューサーやブライアン・デ・パルマ監督が、いろいろと語っています。 で、デ・ニーロをキャスティングするために苦労した話なんかも監督の口から語られたんです。 「撮影に入る3か月前にデ・ニーロにあったら、やせ細った姿だった。『アンタッチャブル』のあとにも撮影が控えていたから、体重を増やすのは無理だと考えて、ボディスーツを着て恰幅よく見せる事にしたよ」 ええ〜〜っ! カメレオンじゃないじゃん!普通じゃん! アル・カポネ役をやるにあたって、大幅に体重を増やした、っていう話、それこそデ・ニーロに関する記述でしょっちゅう出てくるけれど、嘘じゃん! まあ顔の貫禄を出すために、ある程度は本当に体重を増やしたんだろうけれど、それくらいは他の俳優さんでもやってることですよね。 さらにインタビューは続きます。 「彼には前髪を剃ってもらって、剃り跡はメークで隠したんだ。メークは本当にいい仕事をしてくれたよ」 ええええ〜〜〜〜っ! 髪抜いてないんじゃん! 普通の特殊メイクじゃん! しかも監督が褒めてるの、デ・ニーロじゃなくてメーキャップ・アーティストだし。 …カメレオン俳優とかデ・ニーロ・アプローチっていうのって、作られた伝説なんじゃないのか? まあ冷静に考えれば、俳優はその後の活動に支障をきたすようなことをやるのはマズいわけで、例えば前髪抜いちゃったらしばらくは生えてこないだろうし、無理な体重の増減で体壊しちゃ元も子もないんだけど。 もちろん、嘘だったからといって、ロバート・デ・ニーロの俳優としての偉大さは、なんら変わらないのですが。 映画雑誌にもまことしやかに書かれているこの伝説、いったいどこから出てきた話なんでしょう? ... Read More

美人の基準

美人かどうか? 女性なら誰でも、いや、男性にとっても気になるところです。 美人とはなにか? この間、レオナルド・ダ・ヴィンチに関するテレビ番組で、モナリザが時代を超えて多くの人々を魅了するのは、黄金比を効果的に使っているからだ、というようなことを言ってました。 ん〜、モナリザ、絵画として至高の価値、美しさがあるのはいいとして、彼女自身が絵を飛び出して現在の街中をほっつき歩いてたら、必ずしも美人とは言えないんじゃないかな。 あと黄金比は人間が生理的に美しいと感じるので、顔の整形をする医者が、顔のパーツのいろんなバランスを黄金比を基準に決める、と言ってたんですけど、これはどうなんでしょうね。 そもそも現代だって、世界共通の美人のコンセンサスってあるんでしょうか? ミス・ユニバースだって、今年のセクシーNO.1女優(らしい)アンジェリーナ・ジョリーだって、別に世界各地で美人投票をしたわけじゃないですからね。 個人ひとりひとりでも、大きく美人の基準は変わってきます。 「いや、俺的には彼女は超美人だと思うんだけど」「いや〜微妙でしょ」 ってな会話が今日も明日もいたるところで繰り返されている。 でもそのことについては今回は扱いません。 だって、その時代の多くの人が考える美人、いわば社会的な美人のコンセンサスというものは当然あるはずです。 だからこそ、女性の多くは化粧をしたり、エステに通ったり、整形をしたりと、そのコンセンサスに少しでも近づくために、涙ぐましい努力を繰り広げてるんですから。 二重まぶたなのかどうか?ツリ目かタレ目か?唇は薄いとクール?厚いとセクシー? 永遠不変の美人っているのか? よく時代によって美人の基準が変わるというような事を言います。 昔のアイドルなんかを今見てみると、なんかあまり冴えない感じに見えたりします。 世界三大美女と言われる、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町だって、 現代人から見たら、拍子抜けするような顔をしているんじゃないかなぁ。 で、ここからが本題。 上の右の写真。 昭和の大女優、原節子さんです。 彼女が美人かどうか? 古くさい感じに見えたりとか、いろんな意見があるとは思うんですが、おそらく現代の人でも彼女のことを、ブスだとか変な顔だっていう人は、ほとんどいないと思うんです。 僕はとても美人だと思います。 彼女は1920年生まれで、1935年、15歳の時に映画デビュー。つまり第二次世界大戦の前から女優だったのです。 でも今の日本人から見ても美人に見える。 という事は、戦前から現代まで、少しづつ日本人にとっての美人の基準は変わってきてはいるけれど、根本までは変わっていない、と言えると思います。 いっぽう左の写真。 ※こちらから画像を拝借しました ↓ ... Read More

名探偵コナンと名探偵ポワロ

推理もののことなんですけど。 「オリエント急行殺人事件」って読んだことありますか? アガサ・クリスティーの生み出した「名探偵ポワロ」シリーズのみならず、推理ミステリーの中でも最高傑作と称される事も多い名作です。 映画にもなっているので、そちらで観たことがある、という方もいると思います。 ※読んでない方には申し訳ないのですが、以下の文章は若干のネタバレが含まれます。 ひとりの男が、列車の中で遺体となって発見された。 列車という密室の中で、被疑者全員に完璧なアリバイがある。 たまたまその列車、オリエント急行に乗り合わせた、灰色の脳細胞の持ち主、エルキュール・ポワロがその謎を解き明かしていくんですが、だんだん、殺された男がとんでもない悪党だったということが解ってくるんですよ。 殺されても仕方がないような男だった。 犯人は、やむにやまれぬ事情で、犯行に至った。 で、真相を解明し、真犯人がわかったあと、なんとラストでエルキュール・ポワロは、真犯人は不明、ということで事件から手を引いてしまってエンディングを迎えます。 つまり、犯人をかばって、警察に差し出さなかったんです。 中学生の時だったと思うんですけど、初めて読んだときには、なんか違和感を抱きました。 と同時にすごいなぁと思いました。 だってこれはもうりっぱな犯罪です。 「殺人」という犯罪の片棒を担いだも同然です。 正式な罪状はわからないけれど、正義の味方失格なのは間違いないでしょう。 でもこうあって欲しい、という読者の心情にはフィットする。 時代劇で言えば「大岡裁き」みたいな感じです。 杓子定規に悪は悪って決め付けたりせず、寛大なんですよね。 実は「オリエント〜」に限らず、推理ものの古典にはときどきこういう結末があります。 古典ではないけど、刑事コロンボにも、死期が近い犯人を、敢えて逮捕しないまま終わるという結末がありました。 現実世界では許されない事かもしれないし、ありえない事かもしれないけれど、僕はこういうお話って割と好きです。 で、すごく話が飛ぶんですけど。 「名探偵コナン」も毎回殺人事件が冒頭で起こって、主人公のコナンくんがさまざなな事件を、常人には到達し得ない推理力で解決していくんですけど、やっぱりそのなかで、殺人の動機が毎回用意されているんです。 中には「うんうん、そりゃ殺してもしょうがないよね」と見てるほうが思っちゃうのもあるんですけど、その度にコナン君は、その理由を突っぱねて、「人を殺すのは許せない!」というようなことを言うんですよ。 で、犯人は逮捕される。 うん、そりゃそうだ。 殺人はいけない。 なんでいけないのか煩悶する若者が多いのかもしれないけれど、ゴールデンタイムのアニメのモラルとしては、殺人はよくない。 でもその割には「なんでいけないのか?」ってところがすっごいおざなりではないのか?と思うんですよね。 みんな死んだ人を悼むのもそこそこに謎を解き始めるし。 んーなんかうまくいえないなぁ… 思うに「殺人はいけない!」「犯人は逮捕!」って、一見単純に見えるけれど、かなり高度な判断が必要なはずなんですよね。 現にポワロもコロンボも「犯人は逮捕!」とは言わない場合もあった。 みんなそれぞれ問題を抱えて生きていて、それぞれの事情が絡み合って生きているんだから、単純な悪人などいない。 それって、下手したら「殺人はいけない!」ってことより先に子どもに伝えなくちゃいけないことかもしれないと思うんです。 繰り返していいますけど、殺人オーケーって言ってるわけじゃないですよ。 実際それでコナン君が犯人をわざと見逃したら抗議殺到でしょうしね。 なーんかいつも…といってもごくたまにしか観ないんですけど…「名探偵コナン」を観てるとそんなことが気になるんです。 だから怪盗キッドと対決してたり、同情しようのない悪人が犯人だったりするだけの方が、ゴールデンタイムのアニメとしてはベターだと思うんですよ。 複雑な問題は遅い時間のサスペンスドラマにでも任せておけばいいんです。 そういえば日本の推理物って逮捕されたり罰せられたりして終わるものばかりではないですか? そんなにこのジャンルに詳しいわけではないので、ひょっとしたら違うのもあるのかもしれないけれど。 「殺人はいけない!」「犯人は逮捕!」っていうのはモラルの問題ではなくて、日本人の杓子定規な一種の「思想」に近いのかもしれませんね。 …なんか危険思想っぽい締めくくり方で不安ですが。 ... Read More

アニメ業界の厳しさ

1月から研修生として、僕の部署で働いてきた二人がいよいよ明日から正式な社員になります。 このブログを読んでるわけはないのだけど、これからよろしくお願いします。…と言いたいです。 素直で真面目でいい子たちです。 アニメーション会社って、本当にこれが現代日本なのか?っていう待遇で人を働かせるんです。 初任給が一桁は当たり前。 完全歩合制の会社が多いので、新人は勢い、ほとんどもらえません。 1日最低12時間労働。長いと…会社で生活します。 だから、だいたい最初の1〜2年は、親に仕送りしてもらうか、実家が東京近郊かのどちらかでないとやっていけません(日本のアニメーション関連会社の70%は、東京都内、しかも中央線沿線と、西武線沿線に集中しています)。 実家が遠くて、しかも親がお金を出してくれない場合は、なにしろバイトする時間もないし、この道をあきらめるしかないんじゃないかなぁ。 僕が所属している会社は、そんな業界の中では、かなり待遇はいい方なのですが、まあ一般企業に比べたら…よくないですね。 だってあの天下のスタジオジブリが、初任給167,000円なんです。 あんなに映画館にお客さんが入って、さぞかし儲かってそうなんですけどねー… それでも毎年、多くの人が業界に入りたいって希望して、夢を抱いて勉強したり、上京したりする。 この原動力ってなんなんでしょうね? 僕自身はというと、CM業界で仕事していたときに、美術予備校時代の同級生から電話がかかってきて、 「ディズニーアニメーションで今働いているんだけど、今一緒に働いてくれる人を探してるんだ。誰かいい人はいない?」 という問いに 「あ、それ俺がやりたい」 と答えたのがきっかけです。 はっきりいって、それまでアニメーション会社で働いてみたいなんて露ほども考えた事はありませんでした。 運命とは不思議なもんです。 ... Read More

「ポジティブ・ニュース」

うー別の記事をけっこう終わり近くまで書いていたのだが、なぜか消えてしまった…悲しい 書いていたのは「美人の基準」というタイトル。 画像とか既に用意してあるので、またそのうち書きます。 さてさて気を取り直して、 人間、下世話な話や、ショッキングな話、怖い話、本能的に好きなんだと思います。 ニュース、ワイドショー、いつ観ても人が死んだだの、不倫だの、汚職だの、ひどい話ばかりです。 そういうことを取り扱わないニュース、観ていて嫌な気分になったりしない、むしろ楽しくなるような「ポジティブ・ニュース」とでもいうべきものって地上波のテレビ番組でつくれないんですかね? 僕の彼女はPTSD(心的外傷後ストレス障害)なんですが、地上波テレビの中で、観ることができる番組がすごく限られているんです。 特にニュースや、ワイドショーは、いろいろショッキングな情報であふれていて、いつフラッシュ・バックが起こるかわからない。 だから基本的に観ることができません。 見ることができるのは、アニメ、あんまりどぎつくないバラエティ、…それくらいです。 もちろん、囲碁の番組や、放送大学なども観れますけど、特に興味がない分野の番組をわざわざ観たりしませんよね。 うちだけではなく、鬱などの精神疾患の方で、こういう方は多いらしいです。 さらに、子供にあまり衝撃的な情報を見せたくないという親も多いと思います。 かといってアニメやゲームばかりで視野が狭くなっても困る。 そういう場合も「ポジティブ・ニュース」だったら安心して子供に見せられますよね。 あとは、お年寄りなどにも、こういう番組があったらいいなぁってニーズはあるんじゃないかなぁ… まあ視聴率はあまり取れなそうなので、NHKがやってくれたら嬉しいんだけど。 やる意味は絶対あると思うんです。 賛成の方、そんなの要らないって方、是非意見をお聞かせください。 ... Read More

ディズニーで考える物語の意味

僕は元ディズニー社員で、ディズニーのアニメーションを作っていたので、まあ内情というか、内幕というか、そういう事について、ある程度詳しいです。もちろんブログには書けないようなこともあるのですが、それはさておき。 今回は物語というのを個人の体験というレベルではなくて、社会学的な観点から考えてみたいと思います。 「ディズニー・シナジー」という言葉がアメリカにはあります。 シナジーというのは「相乗効果」というのがニュアンスとしては近いと思うんですが、僕の勝手な超訳なんで本当は違うかもしれません。 で、その意味はというと、 【1.物語とキャラクターを使って「アニメーション」(映像)を作る】 まずはここから。 物語もキャラクターも映像化する過程で生み出されていきます。 そしてキャラクターを取り囲む世界観はここで決まります。 お客さんは映像を観て、楽しさを得て、次の購買意欲が高まっていきます。 僕はディズニーという巨大メディアコングロマリットで、この部分を担当していたわけです。 ↓ 【2.「テーマパーク」で、そのアニメーション、映画の追体験をできるアトラクションを作る】 お客さんはアニメーションや映画への愛着から、テーマパークのアトラクションを体験したいと考えます。 そして、アトラクションを体験する事で、さらに物語やキャラクターへの愛着が深まります。 それは次の購買意欲を引き出します。 ↓ 【3.キャラクター商品を作る】 映像、アトラクションで、物語とキャラクターへの愛着を深めたお客さんは、ぬいぐるみをはじめとする、キャラクター商品を手元に置いておきたいと考えま... Read More

絵画教室?表現アートセラピー?

10年以上の付き合いになる友達が、絵画教室を今年から始めました。 場所は国分寺。 ホームページもあります。 本当は許可をもらってアドレスを載せたいところなのですが、 その友達本人は、今、愛知万博のお仕事とかで東京におらず、連絡がとれません。 で、その教室の内容なんですが、 大人も子供も教室には通えるけど、作ったものに対して批評・分析をしたりはせず、 上手になるとかを目的にすることもしないといいます。 ん〜〜絵画教室に通おうとする動機って 「もっと絵がうまくなりたい」 もしくは 「絵がうまくなって欲しい」 なのでは? 批評も分析もしないで上手にもならないんじゃ通う意味がないんじゃない? と思う向きもあると思うのです。 でもそういうのって、特に情操教育という観点から見てあんまり意味がないんですよねー。 競争社会のひな型が増えるだけと言うか… 「子供の絵は本当に純粋なのか?」という項でもちょっとそういう話を書いたのですけど。 で、その友達は「表現アートセラピー」というものを学んでいる身でもあって、全国で行われているワークショップや学会に、助手(正式な肩書きはわからないのだけど)的な立場で参加してるのです。 僕はその手のことって門外漢で、説明があやふやになってしまうのだけど、そもそもセラピーとは心のケアをする療法全般のことで、その中で、比較的よく使われるアートセラピーという手法があります。 絵を描いてもらって、その内容を吟味して、心の問題点を探っていくというものです。 犯罪者の精神鑑定にもよく使われてニュースや週刊誌に載ってたりするので、知っている方も多いと思います。 表現アートセラピーはアートセラピーと言葉は似てるけど全く違うもので、絵を描いたり、粘土をこねたり、ダンスを踊ったり、音楽を演奏したり、とにかくものづくりをする過程自体を、こころの成長や治癒に生かしていこうというもの、らしいです。 専門家から見たらかなり語弊のある言い方なのかもしれませんが。 セラピーというくくりで言うと、なんだか自分には関係ないもののような気がするんだけど、これって子供への教育や、生涯教育全般に役立てられる考え方だと思うんですよね。 だからこそ、友達は教室を始めよう!と思い立ったのだと想像するんですけど。 僕自身が絵を描く仕事だからというのもあるけど、すごく興味のある分野です。 ... Read More

子供の絵は本当に純粋なのか?

よく「子供の絵は素晴らしい」というようなことを言いますよね。 大人のように、上手く描こうとか、こう描いたら恥ずかしいとか、邪念がない。 ありのままの印象を、素直に描くから、印象派顔負けの色彩感覚だ。 心の中で思った事がそのまま投影される。 僕はそうは思っていません。 いや、もし今描いたような事が当てはまるとしたら、せいぜい2歳から3歳くらいまでの乳児から幼児になるくらいの年代かなぁと思います。 僕が幼稚園の年少の時のことです。 僕はタンポポ組の演劇で、ライオンの役をやる事になりました。 もはや演目がなんだったかも覚えていないのですが、とにかく僕はライオンの役でした。 僕のほかにライオンをやる人は4人。計5人がライオン役です。 セリフをだんだんおぼえて、そのあとは立ち稽古。 みんな頑張って、本番の発表会に向けて練習していきます。 そして本番がいよいよ近づいてきた日、衣装を作る時間が設けられて、みんなそれぞれの衣装を作る事になりました。 僕が作るのはもちろんライオンの衣装です。 画用紙にライオンの絵を描いて、ハサミで切り抜き、お面を作ります。 ライオンの役の5人は一ヶ所に集まって、教室の床に画用紙を置いて、クレヨンでめいめい描き始めました。 僕は当時、動物図鑑が好きで、ライオンの事もよく知っているから、上手に描けるぞ、と内心張り切っていました。 で、描きあがってみんなと比べあってみてビックリしました。 他の子が描いたライオンと僕の描いたライオンが全然違うのです。 上の絵で言うと、左がみんなが描いたライオン、右が僕が描いたライオンです。 (上の絵自体は今の僕がパソコンで描いたイメージです) そして、みんなは僕のライオンを見て、「こんなのライオンじゃない」と言いました。 「なんでたてがみが無くて毛が生えてるの?」 「なんで目がこわくないの?」 「にんげんみたい」 僕はビックリしました。 そしてみんなの絵をみて思いました。 ライオンのたてがみはそんなにギザギザしてないよ それにライオンのたてがみは毛がいっぱい集まってできてるんだよ ライオンの歯はそんなにとがってないよ ライオンの目はそんなに白目が多くないし、そんなにつりあがってないよ でも気が弱かったのでなにも言えず泣いてしまいました。 少し経って、みんながなんでライオンをああいう風に描いたかわかりました。 みんなはライオンじゃなくて、「絵本に出てくるライオンの絵」を描いていたのです。 「こういう風に描くとライオンらしく描ける」ということをみんなは知っていたのです。 この話はだいたい僕が3歳から4歳頃の話なので、少なくとも幼稚園に通う頃には、多くの子供はありのままというより、みんなより上手な絵を描きたいと思っている、ということがわかります。 僕自身、絵をもっと上手に描けるようになりたいと思っていました。 でも手が思うように動かないし、いい色で塗れなかった。 そんな記憶です。 ... Read More

類は友を呼ぶ

アニメーション会社で働いていると、周りはアニメオタクばかりかと思いきや、意外にもそんなことはない。 TVアニメとかも、普段全然観ないって人もいます。 もちろん筋金入りの人も中にはいるのだけれど、少なくともうちの会社では少数派です。 でも体育会系のさわやか営業系の男子や、ブランドじゃらじゃらのOLはもっといないですねぇ〜… そう考えるとやっぱりアニメ業界にいる人の傾向ってあると思うのです。 先日、会社のトイレで用を足したあと、さて拭こうかと手を伸ばしたら…ない! 紙がない! ホルダーにあるはずの紙がないのです。あるのは芯だけ。 まあ用を足したあとに気づいた僕も僕なのですが。 で、どうしたかというと、半分くらいフワッとパンツとジーンズをはいて、隣の便器に移ってなんとか事なきを得ました。 「用を足して、もし紙が無くなっても、次の人のために紙を補充しない」人達が集まった集団なんですよね。アニメ業界って。 公衆便所じゃなくて、せいぜい数十名の人が使うトイレ、いや公衆便所だって、次の人のためにトイレットペーパーを補充するべきに決まってるんだけど、次の人も、前の人も、同僚や先輩や後輩なんだから、次の人のために補充して当たり前だと思うんです。 思いやりとかマナーとかが、なんか欠けてる。 なにより想像力が欠けてるんでしょうね。 実は美術大学に通ってたときもそういうことをいつも思ってたんだけど、絵を描くとか、デザインするっていう、ある種クリエイティブな事を志してたり、仕事にする人達って、気配りとか思いやりが欠けてる人が多いんです。 で、またクリエイターだからしょうがないって周りの人達も大目に見てる。 結果、スポイルされてますます身勝手な人になっていく。 でも個人で活動するにしろ、会社で働くにしろ、生きていく以上、人と人とのコミュニケーションって欠かせないですよね。 というか、ファインアートであれ、デザインであれ、映像であれ、その事自体がコミュニケーションそのものなんです。 身勝手じゃ困る。 「いや、身勝手だからこそ新しい発想、表現が生まれる」と言えば確かにそうなんだけれど、ほとんどの人はただ思いやりが無くてわがままなだけ。 かくいう僕も、介護福祉士という、思いやりを職業にしているような僕の彼女に言わせれば、思いやりも想像力も足りないようです。同じ穴のムジナなんでしょう。 ... Read More

ダッチワイフの語源を探る

先に結論から言えばよくわからないのです。 アメブロの人気blog「語源blog」で、この話題が扱われていました。 ↓ http://yumo-p.ameblo.jp/entry-526291f51507fb6a049b66c9c91bd29c.html 実は以前、かなり真剣に、このダッチワイフの由来について調べた事があるのです。 まず前置き。 「ダッチ」は“オランダの〜”、「ワイフ」は“妻”。 「オランダ人の妻」???なんだなんだ? リンク先でも説明されていますが、ダッチワイフというのが、いわゆるその手の人形の事を指すのは日本だけなんですよね。 英語でダッチワイフというのは抱き枕のことで、東南アジアの籐や竹で編まれた抱き枕を指す場合も多い。 そもそもはイギリス占領時代のオランダで、抱き枕を使うオランダ人を揶揄して、 「オランダ人は抱き枕とセックスする」と言われた事から由来すると言われています。 中国では抱き枕の事を竹婦人と呼ぶそうです。 以下さらにリンク先からの引用です。 ↓ 一応、「かつてアメリカで‘ダッチワイフ’という商品名でコレ系の人形が発売されたことがあり、日本のメーカーがその名をパクって‘ダッチワイフ’という商品名で売り出した。で、その名前が一般化した」という説もあったのですが…… そう、一説に過ぎず、またアメリカ人にダッチワイフと言っても、まずその手の人形を思い浮かべる人はいないと思います。 さらに、隠語説。 “抱き枕”、という意味から派生して、性的な意味合いを持つ言葉になった。 英語で単なる“錠剤”という意味の「ピル」が避妊薬を指すのと同じです。 …でも、いまいち決め手に欠ける気がします。 ここでひとつ珍説を紹介します。 というか、これを書きたくてこの記事を書いたようなものなのですが。 これは日本贔屓のあるアメリカ人が、昔パーティーの席で言っていたことです。 鎖国時代、長崎の出島に滞在するオランダ人達は、当然、遠く離れた祖国に妻子を残して来日している。 そこで、日本で妾を作った。 その妾たちのことを、オランダ人の妻、ダッチワイフと当時の人々は呼んだ。 (江戸時代に英語?というそもそもの疑問がありますが、当時はオランダ語、もしくは日本語で呼ばれていて、後に日本人にとってメジャーになった英語に訳されたという見方をすることもできます) 南極探検隊が日本を離れて僻地で作業する時の、その手の人形を、オランダ人にとっての妾となぞらえた事から、ダッチワイフという言葉が生まれた。 日本だけが違う意味になってる理由はうまく説明できてると思うんだけど、確証はもちろんありません。 ただ話としては面白いので、僕は個人的にこれを信じたいな、と思います。 もちろん妾という制度や、旧来の女性蔑視、及び民族差別を是としているわけではありません。 ... Read More

日本ディズニーのアニメーション

どうもアニメーション会社に勤務している、とブログに書いているのに、 役職(アニメーターをはじめとして、撮影とか、仕上げとか、いろんな過程を経て1本のアニメーションは仕上がります)もはっきりせず、作った作品もはっきりしない、というのはいくらなんでもヒドいと、今さらながら感じました。 で、作品か、役職か、どちらかくらいは具体的に書こうと決めました。 いろいろ考えたのですが、やっぱり役職だと話題がマニアックに偏りがちになる予感がしたので、作品の方を公表したいと思います。 業界の裏話とかは逆に役職を公表した方が書きやすいのですが。 僕は去年まで、ディズニーのアニメーション部門に在籍していました。 ウォルト・ディズニー・アニメーション・ジャパンという会社です。 あまり知られていませんが、日本国内にも、ディズニーのアニメーションを作る会社があったのです。 「あった」というのはもうないから。 去年無くなってしまいました。 アメリカ本社の意向で閉鎖したのです。 実はここ2年で、ディズニーに在籍していた、アニメーションに携わる人の70%が解雇されました。もちろんアメリカ国内も含みます。 理由は、2Dアニメでは採算が取れないから。 日本国内ではたくさん作られているけれど、時代は3Dアニメ主流です。 現在、僕は違うアニメーション会社に在籍しています。 この秋、僕がディズニー名義で最後に携わったアニメ映画が公開されます。 くまのプーさんの新作です。 アメリカでは既に公開されて、最高全米5位になりました。 会社がないので、当然、社割も無いし、試写会も行けませんが、 チケットを買って、映画館に足を運ぼうと思っています。 ... Read More

さらば青春の光

昔、僕はモッズでした。 フレッドペリーのポロシャツや、ターゲットマークの入ったTシャツを着て、 ピタピタのリーバイスと、クラークスのデザートブーツを履く。 洋服の並木でオーダーしたスーツと、ポークパイハット。 細いニットタイ。ベン・シャーマンのシャツ。 フーや、スモール・フェイセズ、ポール・ウェラー率いるジャム。 3年ローンで無理して買ったランブレッタ。 季刊だった頃のCUTIEにモッズのイベントが載っていて、貪るように読み漁ったっけ… あれから幾年月。 ここ一年でついに僕の体重は遂に70kgを超え、外見的には当時の見る影もありません。 当時は176cmで54〜57kgぐらいでした。 ポール・ウェラーが40歳を過ぎてから、 「俺は死ぬまでモッドだよ」 と言ったというのを雑誌で読んだ記憶があるのですが、 改めて偉大だなぁ…と思う今日この頃です。 ... Read More

架空のルイ・ヴィトンのiPodケース

数千種類あるといわれるiPodのケース。 グッチやプラダからも出ています。 で、ルイ・ヴィトン。 現在発売されているのは、上の3種類。 ●無地のヌメ革 ●モノグラム ●ダミエ それぞれシックでヴィトン好きの方にはいいかな、と思うのですが、 でも、iPodに一番似合うのはどう考えても ★マルチカラーモノグラム だと思うんです! iPod... Read More

顔の修正

現在はアニメ業界で働いているけれど、その前は広告業界で働いていました。 CMの絵コンテを描く仕事です。 たまに、写真素材の修正もしていました。 光沢のある商品に映りこんでしまっている余分なもの(カメラのレンズとか)を消したりとか。 で、アイドルや女優の修正もしました。 僕が実際に作業した画像をアップしたいのですが、 肖像権等の問題があるので残念ながらできません。 代わりに海外のホームページですが、いい例があります。 ↓ http://homepage.mac.com/gapodaca/digital/bikini/index.html マウスで画像をロールオーバーすると元画像が観れます。 ちょうどこんな感じの作業です。 最近は知ってる方も多いと思うのですが、 知らなかったら幻滅というか、なにを信じていいかわからなくなりますよね。 化粧品の広告はまず間違いなく修正されています。 柴崎コウだろうが、伊東美咲だろうが、長谷川京子だろうが、100%です。 もちろん、もともときれいな方が、プロのメークとヘアスタイルを身に纏い、 女優ライトを浴びて、プロの写真家に撮ってもらってるので、綺麗な写真なんです。 でもそれが、駅張りの巨大ポスターにデカデカと拡大されるとなると、さあ大変。 コンシーラーで隠そうが肌の凹凸は見えるし、いくらキメの細かい肌でも、ぶつぶつが見えます。 あとは目の充血、歯の黄ばみ、首筋に出る線などなど、いくらでも突っ込みどころが出てきます。 意外に多いのは全身のプロポーション。足を長くしたり、首を長くしたりします。 そして、唇にツヤを足したり、目元にパール感を出したりして、仕上げていきます。 あとは写真集で、水着から乳輪がはみ出てたり、うっすら透けてたりするのを消したり。 使用するのはPhotoshop。 ただ、やりすぎて、非人間的になっている修正も結構多いですよね。 僕はもっとうまくやってましたよ^^ コツは修正する、という意識より、メークする、という意識を強く持つことだと思います。 でないと、作業しているうちに目的を見失いがちになるんですよね。 被写体がそこにいるわけじゃなくて、ドットの集合をいじってるだけなので。 例えば、履歴書に貼る写真や、自分のブログにアップする写真、 修正して欲しいという方は、いつでもご相談に乗りますよー。 ... Read More

パン屋の恐怖

大学生の頃、○○製パンという大手パンメーカーでバイトをしたことがある。 夜勤で、確か12時間働くと14,000円くらいもらえたと記憶している。 一日に一万円を超える、というのは拘束時間に関わらず、 その頃の僕にとって、割のいい仕事かどうかのボーダーラインだった。 出勤するとタイムカードを押して、ロッカールームに行って着替える。 作業服は白の上下。靴とベルトだけ持参したものを使用して、あとは支給される。 きんちゃく状というのか、小学生のときの給食着の帽子のようなものをかぶる。 耳と髪の毛は帽子の中に入れなければならない。 各持ち場に行く。 僕は和菓子部門だった。 それぞれの入り口には使い捨ての食品衛生用の手袋がある。それを手にはめる。 口にはマスクをする。 扉の前には機械があって、「ここに手を入れてください」というようなことが書いてある。 両手をかざすと手袋をはめた手に消毒用アルコールが噴霧される。 それが扉のスイッチになっていて、はじめて作業場に入ることができる。 衛生管理がシステム化されているのだ。 中に入ると独特のにおいがたちこめている。 町のパン屋さんの美味しそうなにおいとは違う、なにか別のにおいだ。 あるいはイースト菌のにおいかもしれない。 バイト初日、持ち場に行って最初にした仕事は、あんぱんの仕分けだった。 目の前に、水色の大きなポリバケツを二つ置く。 そして、返品されたものなのか、在庫余りなのか、賞味期限切れの大量のあんぱんが用意される。 「じゃあこのあんぱんを、あんことパンに分けて、それぞれバケツに入れていって」 僕はあんぱんの袋を開け、パンを割って、あんこを左のバケツに、パンを右のバケツに入れていく。 パンは固くなっていて、緑色のカビが生えているものも少なくない。 また乾燥しているため、どうしてもパン屑が少しずつあんこの方に混じってしまう。 それを毎回数百個分はやる。単調な作業だ。 なぜ仕分けするかといえば、パンは捨て、あんこは再利用するためだ。 パンは数日しか日持ちしないが、あんこは数週間はもつ。 新たに炊いたあんこと混ぜて、再びあんぱんになって出荷されていく。 水ようかんは三人一組で作業する。 一人が期限切れのパックを開ける。 もう一人がそのパックに入っている水ようかんを新しいパックに移す。 最後のひとりはそれをパッキングして、新たな賞味期限が印刷されたシールを貼る。 その作業をひたすら繰り返す。 水ようかん2つ入りのパックだったら、2〜3秒に1パックできあがるので、 1000パック作っても40分程度にしかならない。時間が経つのがとても遅く感じる。 食事の時間になると、食堂に行って食事を食べる。 食事はほとんどが和食で、肉野菜炒めとかサバの味噌煮とかサラダと、米飯だ。 食べ物を作っている工場で、作業員用の別の食べ物を作っているというのも変な話ではある。 でも売店にパンは売っているが、とても食べる気が起こらない。 僕は夜勤で売店が閉まっていたので、どちらにしろパンを食べる機会はなかった。 作業場には消毒用アルコールが至る所に置いてある。 ガラス用洗剤の容器のような、ノズルが霧状になるやつだ。 トレイとあんこがくっつかないようにアルコールを噴く。 床に落ちた団子にアルコールを噴いて元に戻す。 (厳重な管理にも関わらず、靴は持ち込みだし、搬入、搬出があるので、床は土足同然だった) 食品の原材料に「消毒用アルコール」と書きたくなるくらい、 なにかにつけて、アルコールを噴いた。 やらされる作業の意味合いを考えると気が滅入ってしょうがないのと、 単調な作業と、過ぎる時間の遅さに辟易して、数日でバイトは辞めた。 その後数年は、そのメーカーのパンや和菓子は食べることができなかった。 新鮮な野菜や、生産者まで遡れる安心な牛肉を売りにしてるハンバーガーショップも、 バンズ(パンの部分)がこのメーカーだったりするので、がっかりする。 まあ日本全国のチェーンに安定供給できるメーカーなんて 数えるほどしかないのだから致し方ない。 それから少しして、そのパンメーカーの賞味期限偽装事件が起こった。 小売店に製造年月日が未来の商品が届いたことで発覚したのだ。 関係者で驚いた人はいなかっただろう。 その後雪印の事件なども起こったし、 ひょっとしたら今はもうちょっと現場はマシなのかもしれない。 でも、規模が大きい会社であればあるほど、システムはしっかり作れても、 現場で作業する人達に、衛生概念が浸透しにくいのは確かだと思う。 また工場やファミレスの厨房など、直接食べる人の目が届かないところでは、 こういうことは今も日常的に行っているところは多いはずだ。 今は気にしてもきりがないので、そのメーカーのパンも普通に食べています。 ... Read More

救急車に乗る

僕の会社は大きな街道沿いにあるので、救急車やパトカーや消防車のサイレンがよく聞こえます。 よく行く飲み屋のマスターが、 「最近の緊急車両はカーナビつけてるから、運転者がコンピュータに従って、昔よりも抜け道を使わなくなった」 と言ってたんだけど、本当なんでしょうか?とにかくサイレンの聞こえない日は、ほとんどありません。 小さい頃、救急車に乗ったというクラスメイトを羨ましいと思っていました。回りの車が道を空けてくれて、信号を無視して走る車に乗るのは、さぞかし気持ち... Read More

ラクガキ日記: ソバージュネコメアマガエル

先日、うちで飼っていたカエルが死んでしまった。 今、剥製か、骨格標本にしてくれる業者を探している。 ありそうなものだけれど、なかなかない。 ほうぼうで聞いて、なんとか千葉に一軒やっと見つかった。 …と自分で苦労したような書き方だけど、ほとんど相方さんが骨を折ってくれました。 補足(2/12): 早合点で、本当は生きてました。 ... Read More

ラクガキ

曲がりなりにも一応絵を描くことを生業としてるので、 ほんとはあんまり他人様の著作物のパロディはやめたほうがいいんでしょうが… ... Read More

現在アニメーション仕事中

アニメーションという、まあ金銭面や待遇面から考えたら、明らかにやめたほうがいい職業に就いている僕は、土曜日の夜、現在も仕事中です。 今や、世界的に有名らしい日本のアニメーション産業のうち、広告代理店や、現像、音響を除くいわゆるアニメーション制作会社は、その七割以上が東京、西武線沿線と中央線沿線に集まっています。 これは昔、東映動画、虫プロ、東京ムービーといった老舗が、それぞれ、東大泉、富士見台、南阿佐谷にあり、下請けなどの関連産業が、その周りにできていっ... Read More

雑誌に知り合い

今日仕事の合間に雑誌をパラパラと眺めていたら、そこに知り合いを発見した。 美術予備校時代の同級生。 「アーティスト」という肩書きだった。 詳しく読んでみると、実際スポンサー付きの個展が開かれたり、著名な方とのコラボレーションや、有名ブランドのTシャツ、スニーカーなどで使われてたりで、「自称アーティスト」ではなく、ずいぶんメジャーな活動をしているようだ。 彼女(そう、その知り合いは女性だ)は、大学時代にモデルをしていて、結構いろんなCM等で見かけた時期もあったんだけど、また別の形で、マスメディアでこうして目にするとは、ありゃまあ、大したもんだ。 僕は微妙に進む方向が逸れて、グラフィックデザインやファインアートに疎い日々を送っているのだけれど、こういうことが起こるとなんかムズムズする。触発されてるような、嫉妬してるような、変な気持ち。 …まあまずは目の前に山と積まれた自分の仕事から頑張っていきたいと思います。 ... Read More

下北沢にお店を出す…?

このブログを読んでいる方で下北沢にお店を出したいという人は果たしているのでしょうか? お店ができては潰れ、またお店ができる…下北沢は本当に店舗の入れ替わりがはげしい街です。 何でかといえば、まずはそれだけお店を出したいっていう個人なり企業がいるからですよね。空きテナントにはすぐ新しいお店が入る。 もちろん新規出店される方は、それぞれ大なり小なりマーケティングをして、計画をもってお店を開くのだと思います。でも長く下北沢に住んで、できては潰れの繰り返しを見ていると、非常に生き残りは厳しいことがわかります。 まずは賃料です。高い。渋谷や新宿じゃあるまいし、なんでこんなに!と驚くほど高い。それでも借りる人がいるからそういう価格なんでしょうけど。「不動産屋は、貸した場所の店があまりうまくいかないで、定期的に入れ替わったほうが新規契約で儲かるからそういう値付けをしてるんだ」と、まことしやかに言う人... Read More