まず描きたい場面がある

先週1週間夏休みでした。 社会人になって以来、こんなにまとまった休暇は初めて。 転職したときも全く間が開かなかった。 しかし遊び下手というのか、なんだか有効に時間を使えませんでした。 それでも自転車で都内を走ってみたり、友人と飲んだり、実家に一泊だけですが帰省したりと、いくつかの出来事もありました。 それぞれ別の日ですが、映画「崖の上のポニョ」と「ダークナイト」を観てきました。 考えてみれば映画館に足を運んだのはずいぶん久しぶり。 最後に観たのは……あれ?ひょっとして去年の夏公開の(私自身が関わった)映画の初号試写だったかもしれない。 今は映像業界から離れたとはいえ、これは良くないなあ。 「崖の上のポニョ」は冒頭のシーンが素晴らしかった。 昔のディズニーや、たけくまメモでも指摘しているようにフライシャーの影響を随所に感じる「アニメーション」でした。 ストーリーは宮崎アニメではかつて無いほど意味を失っている。 描きたい場面がまずある。そしてそれらは印象的。 時間軸は、アニメーション(命を吹き込む魔法)のためにある。 ストーリーは場面と場面を繋ぐためにある。 それはまるでテーマパークのライド型アトラクションのよう。 シナリオも無いままに、まずイメージボードを描き始める宮崎駿の特異な製作手法は、とどのつまり一番大切なのはシナリオ(ストーリー)ではなく、絵であり、個々の場面であるということができると思います。 今までは首を傾げる部分は多々あれど、その骨組みがわからない程度に肉付けされていたのが、いよいよストーリーや伏線やつじつまは放棄されて、非常に構造がわかりやすくなりました。 「映画館に足を運び、1000円以上の金を支払い、2時間前後暗い中座り続ける」という、いわば掛け金を払った人はドラマツルギーなり、最近で言えば「泣ける」など感情の揺り動かしだったり、カタルシスを求めます。 もちろんそれは真っ当な考えですが、ポニョにそれを期待した人は恐らく裏切られた気持ちになります。 「映画」の面白さと「アニメーション」の面白さというのは別のところにある。 そんなことを考えさせられました。 宮崎駿って深遠なテーマや思想を掲げるようなイメージが一般にはあると思うけど、実は主義主張(昔共産主義だったとかはここでは関係ない)よりも枝葉末節の人であり、メインよりもアウトローの人だなあと改めて感じました。 「ダークナイト」はすごかった。 私はバットマンやアメコミに特段思い入れがあるわけではないけれど、この映画を観て何も感じ入るところが無い人は、今後アメコミ原作の映画をチェックする必要は全く無いと思います。 ゴッサムシティのダークな雰囲気。 ヒース・レジャー演じるジョーカーの例を挙げるまでもない各種キャラクターの造形、演技。 なにより、ストーリー展開の光と陰。 スパイダーマン実写第1作の時も思ったことですが、マンガやアニメの実写化がここまでうまくいくのは驚嘆に値します。 とはいえ、実は上記2作とも自分の中では傑作ではない。 ポニョは「迷作」ダークナイトは「良作」というところでしょうか。 ... Read More

DocomoのBluetooth仕様はひどい

発売開始され、すぐ購入したP906i。色はホワイトを選択。 ひと月以上使ってみた感想。 「今どきの携帯電話ってすごいね」 今まで使っていたのはN701i。 その前がSH900i。 画面の大きさ、細かい部分での使いやすさ、キビキビしたレスポンス。それでいて割と薄い。 ワンセグといい、500万画素顔認識機能付きのカメラといい、おサイフケータイ機能といい、素晴らしいです。 Panasonic製がすごいのか最新の携帯はこんなもんなのかは判然としませんが、総じて満足。 私は十数年来のMacユーザーですが、今の時点ではiPhoneよりP906iの方が便利だと思う。 フルブラウザも遅いけど使えるし、実はiPhoneにできて906iにできないことってそんなにない。 もちろんPCとワープロを比べているようなものなので、今後また状況が変わっていくことは間違いないとは思うんだけど、私はアーリーアダプターではなく堅実派なのです。 非常に快適なのですが、ひとつ気になるのはパケホーダイ前提としか思えない仕様。 私は今までほとんどメール以外でiモードを使用していなかったので、機種変更の時点ではパケホーダイに契約するつもりは毛頭ありませんでした。 別にパケホーダイにしなくても、カメラもメールもワンセグも使えるし、問題ないでしょ、と。 標準で搭載されているiアプリ。 「レイトン教授と不思議な町」「機動戦士ガンダムU.C.0079」は、機能限定のお試し版で、フルバージョンをプレイするには、パナソニックモバイル公式サイト「P-Square」からダウンロードしなければなりません。 しかもその際パケホーダイ契約しているかどうかの認証が必要。 「モバイル... Read More

アニメ業界の”中の人”から見た「中国動漫新人類」

まだ私が日本のアニメ業界の「中の人」であるうちに書評を。 すごい。「中の人」やビジネスで中国と関わる多くの人は必読。 そしてそれ以外の方、特に中国人を毛嫌いしたり、どうせ観てるのは海賊版だろ?ってツッコミを入れるような人にこそ読んで欲しい。 本書「中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす」は、NBonline(日経ビジネス... Read More

『月刊真木よう子Special』を購入&レビュー

Webサイト上では売り切れだったり、入荷未定だったり、はたまたプレミア価格だったりの『月刊真木よう子Special』。 近所のコンビニに売っていたので買ってみました。 紙製のジャケットに封入されています。 中身を取り出すと、写真集とともになにやら紙が。広げてみるとポスターでした。 ポスターはB1サイズで、ジャケットから「月刊真木よう子」の部分をとったもの。 中綴じのインタビューでは、前回の「月刊真木よう子」からの心境の変化、ドラマ「SP」のことなどが語られています。 今回の写真集のテーマは、撮影のリリー・フランキーさんの短編集「ボロボロになった人へ」の一編「おさびし島」だそうです。 私は以前その話を読んだことがあったので、なるほど、と設定を楽しむことができました。 簡単に説明すると、都会の生活に疲れた男が逃げる「おさびし島」という島があって、そこにただひとり女の子がいて、みんなその女の子とやってて、という話です。 マンガで言えば山本直樹なんかの世界観に近い話。 それを作者本人が撮影して、なおかつ被写体が今をときめく真木よう子とくれば面白くないわけがありません。 ただですね、セクシーショットや扇情的なショットは満載ですが、ヌードは当然ありません。 そりゃもちろん月刊アクトレスシリーズですから。 そのへんを理解して、コンセプトを楽しめる方にはオススメです。 月刊真木よう子Special 新潮社... Read More

リサとガスパールのエコバッグをもらった

2月1日から4月30日までのPascoのキャンペーン、「リサとガスパールのおかいものエコバッグプレゼント」のバッグをもらいました。 と言っても、せっせとキャンペーンシールを集めたのももらったのも妻ですが。 キャンペーン内容は、対象商品についている応募シール30点分を集めて、店頭でバッグと交換するというもの。 おかげでこの一週間、私もパンばかり食べていました。 注意点としては、必ずしもPascoのパン全部が対象商品ではないこと。 ピンク色のシールが袋に貼ってあるか、よく確認しましょう。 あと、意外とPascoのパンを見つけるのに苦労しました。 今どきコンビニはオリジナルブランドを展開しているし、スーパーなどでもやっぱりヤマザキのパンが一番置いてある。 トートの内側には小物入れがついており、しっかりしています。画像は小物入れについているタグ。 素材はポリエステル/ポリウレタンコート、いわゆるナイロン製。 サイズは320mm×320mm×底マチ140mm。 耐荷重7kg キャンペーン画像だと子供が持っていてやけに大きく見えますが、エコバッグとして使い勝手のいいサイズだと思います。 レコードジャケットがちょうど入るくらい。 さっそく買い物袋として使ってみましたが、うん、いい感じ。スパゲティをまとめ買いしたりけっこう重いものを入れましたが、不安感はありませんでした。まあこういうものはキャラクターが好きかどうかが大きいと思うので、「リサとガスパール」好きならシールを集めて損はないですよ。 ... Read More