ムック本 映像+(プラス)01 人形アニメーションの現場

映像+ 1 (1)
映像+ 1 (1)
グラフィック社

人形アニメーションに興味がある人ならば必携のムック本。

Amazon上では画像すら無く、目次などの情報も無いので、まず買おうとは思わないかも知れないけれど、もしこれを読んでいるあなたが、「人形アニメーション」「クレイアニメーション」「ストップモーション・アニメーション」などに少しでも興味がある、もしくは「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「ウォレスとグルミット」「プチプチアニメ」などが好きならば、まず買って後悔はしないと断言できます。

もっともこの本は2007年7月発行で、昨夏以降、少なくとも首都圏ではある程度以上の大きさの本屋には置いてあったので、既に欲しい人の手元には行き渡っているかもしれない。

とはいえマニアックな本には違いない。
こういうものこそロングテールなわけで、積極的にリアル書店だけじゃなくWeb上でのプロモーションを仕掛けていくべきだと思うんだけどなあ……

さっそくおすすめポイントを挙げたいところだけど、Web上に情報が少ないので、データとしての内容を説明しながら。

タイトル:

  • 映像製作の最新現場マガジン 映像+(プラス)1
  • 特集:人形アニメーションの現場

コンテンツ(抜粋):

  • アニメーション・パペット工房 マキノン&ソーンダースのすべて

マキノン&ソーンダース(mackinnon & saunders)は「ティム・バートンのコープス・ブライド」「ピングー(PINGU)」「チキンラン」「マーズ・アタック!」などを手がけてきたイギリスのパペット工房。
金属加工ルーム、コンピュータルーム、アーマチュアルーム、型取りルーム、シリコン・キャストルーム、ペイントルーム、小道具ルーム、と各セクションを紹介。
さらに「コープスブライド」の各人形の構造を解説。

この特集22ページ分だけでも値段分の価値がある。
各映画などのメイキング本(それぞれ数千円)でもここまでちゃんとこの偉大なスタジオが紹介された記事は、少なくとも国内発売本では無いのでは?

  • 白組 島村達雄の怪奇と幻想の映像詩

最近だと「ALWAYS 三丁目の夕日」、「もやしもん」のVFXや3Dアニメーションを担当している白組。
その社長、島村達雄氏の作品特集。インタビューも掲載。

  • 真賀里文子の製作現場

ドコモダケ、コンタック、ぴちょんくんなどを手がける、日本を代表する人形アニメーター、真賀里文子さんによる、プチプチ・アニメ「ちぃちゃんとヒゲおじさん」メイキング。
ラフ、絵コンテからセット設営、撮影まで流れを紹介。

  • ひとりで作る人形アニメーション

パペットBOX管理人、オカダシゲルさんによるクレイアニメーションのメイキング。
46ページ(!)にわたって工程を詳細に解説。

この章は、読み物としては冗長。でもこの章があるおかげで、この本が単なるファンムックにとどまらず、実際に作ろうとしている人に役立つものになっています。

  • パペットアーマチュアとボールジョイント

人形の金属製の骨組みと関節の基本構造を作り方を解説。
洋書ではアーマチュアの専門書があるけど、日本語でここまで解説された本はおそらくはじめて。

全体的にかなり貴重な情報の多いムックと言えると思う。
ストップモーション・アニメーションの面白さ、大変さも伝わってきます。
と同時に、学生時代にクレイアニメーションを自主制作していた私としては「この本が当時手元にあったら」と思わずにはいられない。
最近は商業アニメーションでもメイキングを主眼に据えた雑誌やムック本というのが割と刊行されているけど、こういう「プロしか知らないこと」が書いてある本っていうのがブームなんでしょうかね。

まだ手に入れていない方は今のうちに是非。

今の最新刊の映像+ 2 (2)のことはまた今度。
最後にグラフィック社のサイトにある情報を転載。

グラフィック社編集部編
映画、テレビ、コマーシャル、アニメーション、音楽ビデオ、など、映像全般のジャンルにおいて「映像製作の現場」を徹底取材。メイキング、ノウハウ、ツール、ハウツーを詳細にわたって伝えます。
特集はそれぞれ、セットデザイン、キャラクターデザイン、造型&彫刻、特殊効果、衣装、特殊メイク&造型、アニマトロニクス、マットペイント、金属関節、照明、演出&操演、アニメーション、etc…
映像という総合芸術を形成する、それぞれの製作ジャンルにスポットをあて、毎号0から作るハウツーも紹介。映像業界の各ジャンルを目指す学生や若者はもちろん、現役の映像クリエイターたちにとっても保存版として必携のムックです。
1)巻頭海外特集
毎号、ハリウッドで活躍する世界トップクラスの工房を紹介。1号は「’Tim Burton’s Corpse Bride’」のMackinnon&Saunders社をイギリス・マンチェスターで取材。人形アニメーションにおける最新技術と工房、マシンなどを取材。

2)国内第1特集
毎号、各ジャンルにおける日本トップクラス工房を取材。1号では40年以上、CM業界に君臨する真賀里文子事務所にて、NHKぷちぷちアニメができるまでを密着取材。

3)国内第2特集
毎号、そのジャンルにおいて尖った作品を作るクリエイター集団を取材。1号では「「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の白組が作る秘蔵人形アニメーションの数々を紹介。

4)CM大集合
毎号、そのジャンルで製作されるCMを集め、絵コンテ、ラフ、監督コメントやコンセプトなどと紹介。

5)ひとりで作る人形アニメーション
毎号、6畳一間で一人でできる映像製作のはうツーを、各ジャンルから紹介。今回は0から人形制作、セット製作、撮影まで。

6)資料文献、応用編技術、連載
連載陣はちばてつや賞大賞受賞のこざき亜衣をはじめ、映画監督、VFX監督、特殊メイク&造型、役者など現場クリエイターに依頼。

B5変型判・並製
総176頁(カラー144頁)
定価:本体1,800円(税別)
ISBN978-4-7661-1819-3 C2370