ヘルメット、OGK MOSTROを買った

自転車用のヘルメットを買いました。

B000PJZY8Y OGK ヘルメット MOSTRO(モストロ)
OGK

OGKのMOSTRO(モストロ)、色はパールホワイト、サイズはLです。

今までBELL シティというヘルメットを使っていました。
以前のエントリーでも説明していますが、布張りという画期的な外観でカジュアルな服装にもスーツにも合わせやすく、街中を走る時などに最も帽子っぽいというか、普通な感じでかぶれるヘルメットでした。

また、バイザーにミラーがつけられる、さらに後頭部にリアライトを付けられる、とまさに至れり尽くせりな装備で、安全に自転車に乗りたい人にとっては最高なものでした。

でも実のところ使っているうちに少しづつ不満が出てきていました。

まずはフィット感。
私の頭のサイズは59cm。大きいほうです。さらに鉢が張っているというんでしょうか。
前後に長い外国人向けに作られたヘルメットだと、どうも頭の形が合っていません。
シティは54~61cmと幅広い大きさに対応しており、僕もかぶれるはずなのですが、なんとなくフィットしていないような気がしていました。

次に見た目。
シティは単体ではかっこいいヘルメットですが、かぶってみるとキノコ頭になってしまい、「まるで帽子みたい」ではありません。なまじ帽子っぽい質感なので、よけいに違和感があるのかもしれません。

そこで前から「もっと自分に適したヘルメットがあるのでは?」といろんなショップに行ってはいろんなヘルメットを試着してきました。

その結果CATLIKEのヘルメット、それとLAZER GENESIS RDは頭の形も合って割とフィットすることがわかりました。そしてもちろん日本製であるOGK。逆にMET、GIRO、BELLなどのメーカーのものはダメです。デザイン云々以前の問題です。自分の頭の形を恨みます。

モストロ、実はデザインは嫌いです。
頭のデコボコがなんとなく下品というかなんというか……前は「これだけは無いわ」と思っていました。
なんか「炎」みたいな感じというか。
最終段階でも「もうちょっと格好良ければなあ」と思っていました。
でもヘルメット単体のデザインは気に入らないけれど、かぶったときのシルエットは他のどのヘルメットよりも断然スッキリしています(あくまでかぶれるヘルメットの中では)。OGKの他製品、GAIAやRIGASと比べても全然違います。これはネットで商品画像を見ているだけではわからない部分です。

そしてかぶり心地。
最高!
初めてかぶった時、「あっこれだ!」と瞬間的に思ったくらいです。
頭の鉢が張っていると自覚している人にとっては福音とも呼べるこのヘルメット。
ある意味、これ以外選びようが無いともいえるのですが、最終的には自分の頭にフィットするものがやっぱり一番です。

次に重さ。というより軽さ。これも持った瞬間、「あっ軽い」と他のヘルメットとははっきり違うものを感じました。
BELL CITI(シティ)312gと比較すると、購入したLサイズで195gと、100g以上の差。
別にレースに出るわけではないので、軽さに固執しているわけではないのですが、やっぱりこれだけ差があると、使い心地に差が出てきます。
せっかくなので、かぶった状態を比較してみました。

helmet
写真ではなく絵です。悪しからず。
シティはキノコ頭だと思っていましたが、実は比べてみると、そんなにモストロに比べて帽体が大きいというわけではなく、むしろおでこ部分が無いからそう見えやすい気がします。
モストロ、ホワイトなのに、なぜ下部分はガンメタルで塗装されているのでしょう?全部ホワイトならもっといいのに……

シティではヘルメットの下に帽子をかぶったりするのは無理でしたが、今回のモストロでは少しサイズに余裕があるのでそれもできそうです。

デザインは好きにはなれませんが、ここ1年で東京にものすごく自転車が増えて、以前よりヘルメットをかぶっていても恥ずかしくなくなりました。
それにヘルメットをかぶっていない人から見たら、ヘルメットの個々の細かいデザインなんて、どうでもいいでしょう。

このモストロ、国内のレースに出ると一番着用率が高いのだそうです。
やっぱり私のように西欧ブランドヘルメットが頭に合わない人は多いのでしょうか?
なんにせよ、いい買い物が出来ました。