マスキングテープ 中国少数民族と中央アジアの民族衣装

 

マスキングテープ、新作の『中国少数民族と中央アジアの民族衣装』が完成しました。旧作の『北欧・東欧の民族衣装』とあわせて、コミティア、デザインフェスタ、その後BOOTHで販売します。

HIKOZA-Konikugan – BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
※BOOTHでは11月下旬販売開始予定です


例によってアニメーションできます。
北欧、東欧の民族衣装もそうだったのですが、アニメーションさせるためにスカートの裾丈を統一しており、そのため本来の民族衣装とデザインが違っているものがいくつかあります。
日本の着物が膝下丈になっているようなものと考えるとわかりやすいでしょうか。
そこらへんはあまり目くじらを立てず、多めに見ていただければありがたいです。

ここではまず12種の中国少数民族と中央アジアの民族衣装の紹介をしていきたいと思います。
中国少数民族8種は民族での表記、中央アジア4種は国表記です。
カタカナ表記は検索しやすいようにWikipediaに準拠しています。

_0000_01.png
ジーヌオ族
基諾族 / Jino
少数民族の中でも一番人口が少ない。短い対襟の衿無しの上衣、刺繍した胸当て、巻きスカート、頭巾状の尖り帽子が特徴。

_0001_02.png
モンゴル族
蒙古族 / Mongolian
正装の髪飾りは宝石で装飾された帯をつける。上衣、ブーツの刺繍、帯が特徴。

_0002_03.png
ミャオ族
苗族 / Hmong
地域によって大きく色や様式が異なるが、鮮やかな色彩、精巧な装飾品の銀細工、髪飾りの豪華さが特徴。

_0003_04.png
チンプオ族
景頗族 / Singpho
丸襟の黒い上衣、赤い筒型スカートとすね当て、丸い銀装飾、赤い帽子が特徴。

_0004_05.png
イ族
彝族 / Yi
スタンドカラー、太い袖、短丈、右留めで刺繍が施された上衣と、数色で構成されたギャザースカートが特徴。

_0005_06.png
チワン族
壮族 / Zhuang
少数民族の中で一番人口が多い。藍染め、刺繍を施した前掛け、ひだの多いスカートが特徴。

_0006_07.png
ウイグル族
維吾爾族 / Uygur
色鮮やかなアトラスと呼ばれる織物のワンピース、刺繍の入ったベスト、帽子が特徴。

_0007_08.png
チベット族
蔵族 / Tibetan
髪飾り、腕輪、耳飾り、尾をイメージした裾にサンゴなどを使った銀細工や刺繍を下げる。縞模様の前掛け、毛皮の上衣が特徴。

_0008_09.png
キルギス
Kyrgyz
円錐形の帽子、ベスト、プリーツの入った白いブラウスとスカートが特徴。

_0009_10.png
カラカルパクスタン
Karakalpakstan
※ウズベキスタン内の自治共和国
絵は花嫁衣装。藍染めに刺繍が施されたチュニック型のドレス、ショールと一体化した頭巾、サンゴで彩られた頭飾りが特徴。

_0010_11.png
タジキスタン
Tajikistan
上衣クルタと脚衣ロジムが特徴。柄が特徴的。衣服自体はウズベキスタンに似ている。

_0011_12.png
トルクメニスタン
Turkmenistan
上衣クイネクと脚衣バラクが特徴。頭、耳、胸、首、腕などに大型の銀の飾りをつける。

以下は参考文献。下記以外もネットの様々な画像を参考にしました。

世界の民族衣装の事典 世界の民族衣装の事典
丹野 郁

アジア・中近東・アフリカの民族衣装 (衣装ビジュアル資料) アジア・中近東・アフリカの民族衣装 (衣装ビジュアル資料)
芳賀 日向

BIRD6号 エキゾチック・アジア―民族衣装を纏う人々― (講談社 Mook(J)) BIRD6号 エキゾチック・アジア―民族衣装を纏う人々― (講談社 Mook(J))
ユーフォリアファクトリー