アートディレクターという仕事は何をどうするお仕事なのでしょうか?

L_cecfa37951e91a72070e1f2406f8f470ちょっと自分のことは後回しで説明します。特殊事例なので。
定義はWikipediaでも読めばわかると思うんですが、業界によってやることは結構違います。

まず広告。
クリエイティブディレクターが言わば監督で、プランナー、アートディレクター、コピーライター、デザイナーなどがその下で働きます。
アートディレクターはビジュアルの責任者です。
グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、スタイリスト、カメラマン、モデル、イラストレーターなど、ビジュアルには多くのスタッフが関わりますが、それらを取りまとめます。

その他、デザイン分野としては、プロダクトやエディトリアル(編集)などいろいろあるけれど、アートディレクターは基本的にデザイナーの上司で、取りまとめるのが仕事。編集者や開発者など、他業種の人との打合せをして、デザインの方向性を検討、提案します。
例えば雑誌の1ページ1ページはデザイナーがデザインするけど、雑誌全体のデザインの方向性、どのデザイナーにどこを担当させるのか、などは、アートディレクターが決めます。

たぶん今国内で “アートディレクター” と名乗っていて一番著名な方は佐藤可士和さん(ただの敬称です。面識ありません)だと思うのですが 、彼は広告業界の中のポジションとしては、当然アートディレクターではなく、クリエイティブディレクターです。
ただし、広告の枠に収まらないブランディングやディレクションを数多く手がけていて、それらを総合的に表す職業として “アートディレクター” を名乗っているのだと思います。ビジュアル部門の責任者、ではなく、ビジュアルで問題解決するコンサルタント、というようなイメージ。

さて、デザイン業界以外にもアートディレクターを名乗る人がいる業界があります。

ゲーム業界です。
ゲーム業界にもデザイナーがいて、ある程度以上の規模のプロジェクトだとアートディレクターがいます。
キャラクターデザイナーとは別に、です。
ただ、やることの範囲はバラバラで、インターフェースや、イメージボードなど、比較的わかりやすいものから、背景や衣装やステージまで担当したり、様々です。
最近だとソーシャルゲームのアバターやアイテムを作成するのもデザイナーかもしれない。
また、ゲーム業界の場合、ディレクターのことをゲームデザイナー、と呼ぶのも、若干他業種から見ると紛らわしいところではあります。

あと、国内ではあまり呼ばないですが、「日本の」アニメーションの美術監督(背景画の監督)のことを海外ではアートディレクターと呼びます。まあ直訳ですね。
これは日本独自の役職で、アメリカではバックグラウンドスーパーバイザーとか、そんな感じの呼び方をします。

他にもファッション業界や放送業界にもアートディレクターはいるかな、とは思いますが、すみません、そのへんはよく知らないのでパス。

さて、私ですが、複数の業種にまたがって仕事をしているので、それぞれ肩書きが違います。

アニメーション業界内での役職:アートディレクター
海外向けの作品に割と多く携わってたのもあって、名刺にはこう刷られていました。
実態は美術監督ではなくて美術チーフくらいでしたね。
こちらはたまにお手伝いをしますが、今はほぼ廃業状態。

広告(SP)業界内での役職:プランナー/デザイナー
セールスプロモーションは広義の広告ですが、業界内では分けて考えられてます。
お金の交渉・管理以外はほとんどなんでもやりました。というかやってます。企画考えてプレゼン資料作って、通ったらアイテム、パッケージから説明書まで作る。直接作ってるのでアートディレクターとは呼べないですね。デザイナー。

ゲーム業界内での役職:ディレクター
ディレクター、というと偉そうですが、私は開発会社(有り体に言えば下請け)のディレクターなので、クライアントのディレクターなりと打合せして、それをスタッフに割り振ってチェックして、クライアントに提出する、という感じです。発表会で壇上に立つ人ではない。外部(つまり孫受け)に仕事を発注もするし、自分でもキャラクターデザインもやるし、背景も描くしいろいろ。

専門学校での役職:非常勤講師
なんか複数の科にまたがって色々教えてます。デザインだったりイラストだったりゲーム制作だったりアニメの背景だったり。

自分でもなにがなんだかわからないので、便宜的にアートディレクターと名乗っています。
本来のデザイン業界や広告業界のアートディレクターの方、東京アートディレクターズクラブに所属されているようなピンキリのピンの方には本当に申し訳ないです。
http://www.tokyoadc.com/

子供の頃、ズックやお茶碗、衣類など生活用品ででアニメの絵のついたものはお持ちでしたか?

L_26b55c1874217fd03a909d0639a57865アニメの絵がついた日用品…記憶に無いですね。持ってなかったんじゃないかと思います。

例えば学習机も、私が小学校低学年だった頃って、アニメなどのキャラクターがついているものが多かったんですが、私に与えられた机は、キャラクターものではなかったですね。
魚肉ソーセージや、ふりかけも、キャラクターものは買ってもらえなかったし、親がそういう日用品にキャラクターがついている商品を好きでは無かったんだと思います。

私はそういうものを持っている友達を羨ましいと思った記憶があるので、それなりに欲しがっていたんだと思いますが。

「サンバルカン」の超合金は持ってたし、「あらいぐまラスカル」のぬいぐるみも持ってたし、別にアニメ全部がダメだったわけではないです。
おもちゃはOK。
アニメを見るのもOK。

それが今の自分の価値観にどう影響を与えているかは…わからないですね。
でももしこの先自分に子供ができたとしたら、同じようにするかもしれない。
おもちゃはいいけど、日用品にアニメの絵が入っているもの、買い与えないなあ、きっと。
好きじゃないです。
それは自分がそのアニメを好きかどうか、とは違う次元の話です。
大人だからアニメに興味がなくなって、アニメの絵がついた日用品に価値を感じなくなった、ということではない。
曲がりなりにもアニメ業界にいたこともあるし、その後はデザイナーとしてアニメの絵を使ったグッズをいくつも作っています。

アニメの絵が入った日用品って、きっと子供のご機嫌取りのためにあると思います。
靴をちゃんと履かない子供に、プリキュアだよ、といって履かせる。
勉強をさせるために机にポケモンの絵をつける。
そういう「機能」を、子供が身につけたり触る日用品に、つけたくないです。

その場では親は助かるかもしれない。
子供も喜ぶかもしれない。
でも日用品として、ほぼ間違いなくそれは一番の品ではないと思います。

先ほどの学習机ですが、私に与えられたのは、建築家の父が作ってくれた手作りのものでした。
椅子は、デンマークのKEVIチェアという、今でも生産されているもの。
共に使われる形は変わっていますが、今でも捨てていません。
幼い私にそれを与えてくれた親に感謝しています。

ところで、アニメ業界にいたころ、低年齢層向けの作品に携わることが多かったのですが、自分が関わったアニメのグッズを持っている子供を見ると、ちょっと嬉しかったです。
現金なものです。

バンドのフライヤーデザインをする事になったのですが、もしフライヤーを作るならだいたいどれくらいの日数がかかりますか?あとどれくらい費用をいただきますか?

L_aa6f1842026c198c148f5ad39fbeb5a3バンドは、プロでしょうか?
アマチュアでしょうか?
アマチュア(インディーズ)だと仮定してお話しします。

プロだったら、レコード会社か事務所からの発注のはずなので、日数×単価に経費やらインセンティブを乗せて請求すればいいと思います。

そういや昔けっこうインディーズバンドのフライヤーやら作ったけどあんまりお金もらったことないです…だいたい焼肉おごってもらうとかそんなんで(笑)
ライブハウスから受けた仕事や、CDジャケットとかコミコミだとさすがにお金もらいましたけど。
友達同士でお互いお金も無くて、って状態だとそんなもんです。
印刷費用だってかかるわけだし。

フライヤーっていうものはバンドにとっては広告宣伝、もしくは販売促進に当たるわけです。
作ってライブハウスやレコード屋や飲み屋に置いてもらい、知り合いに配り、ライブに来てもらう。
チケットの売上げ、手売りのCDの売上げからライブハウスにお金を払う。
残りがバンドの手元に残ると考えた時、そのバンドはどの程度の利益を出せるでしょうか?

もし利益をそのあとの打ち上げ代くらいしか出せないバンドなら、極力安く抑えてあげましょう。
かける日数は1日以内。
それでも出来をバンドに見せて、修正して、印刷発注して、と考えたら1日には収まらなくなるとは思いますが。
値段はまあ話しあって決めてください。
例えば自分はプロだからちゃんとお金は取る、と言っても、持ち出しのアマチュアから正規のお金を取るのが正しいことかは私にはわかりません。

つまり、インディーズバンドのフライヤーを作るというのはデザイナーの仕事ではない、と思います。
自分の技術を活かした遊びのようなものです。
例えるなら知り合いの引越しの手伝いをするような。
遊びだと思えば日数とか費用とか気にならなくなるのではないでしょうか。

友達になる方法

異業種交流会というのがある。
異業種といいながら、まるっきり関わりのない業種同士の交流はたぶんあんまりしない。
私が看護師と交流してたらそれは単なるコンパだ。

よくわからん自称クリエイターが集まる異業種交流会とやらに参加したことがある。
イラストレーターやら
アーティストやら
デザイナーやら
広告代理店のCDやプランナーやら
デザイン会社の社長やら
なんだかそんな人達がわいわいやっているところだ。

最悪だった。

偉そうな人の話を聞いてみんなで感心し、
仕事を発注する立場の人間は安く仕事をやってくれそうな無名の似非クリエイターを探し、
それにあずかろうと群がる連中が媚びへつらう。

とある自称イラストレーターと居酒屋で知り合い、その場で連れてってもらったのだけど、一杯飲み、数枚名刺のやり取りをして、さっさと出て別の店で飲み直した。
あとになってひとりから連絡が来て、仕事の相談を受けたけど、予算が相場からかけ離れていて話にならなかった。
そもそも「ポン引きのいる店には入っちゃいけない」…ちゃんとした人はそこにはいないのだと思った。

同業種交流会というのはたぶん意味があると思う。
それを世間では勉強会という。

でも職業をキーにした出会いって、そこに損得が発生して、友達にはとてもなれない。
参考になる話が聞ける。
話が合う。
じゃあ友達か、というと、聞かれたその時々で、友達って答えることもあるかもしれないけど、なんか違う気がする。

バーで知り合った人と仲良くなって、たまたま面白い職業だった、というのがいい。
ここ10年で仲良くなった人との出会いってそんなのばかりだ。
妻ともバーで出会ったし。
仕事とは離れた趣味を通じた出会いというのも、きっとそういうものなんだろう。

今年初めて中学の同窓会というものがあり、帰省して参加した。
別にみんなと仲良くなれたわけじゃない。
それぞれの生活を送っていて、見てきたもの、過ごした時間が違う。
でも、そこには利害はない。
違う世界でそれぞれ頑張っているんだな、と刺激になるし、励みになる。

大学時代の友人もやりとりしている人はごく少ないけど、すごく大切だ。

大人になって友達を作るのって難しい。

デザイナーさんは、どんな風にほめられるとうれしいものですか?

デザイナーはユーザーとの対話の機会がどうしても少ないので、
「売上があがった」
「評判がいい」
という世間の評価を伝えられると嬉しがるかと思います。

個々のデザインについてほめる場合は、デザイナーによって喜ぶポイントが違うので注意が必要です。
下手に「色合いが…」「かっこよくて…」と言うよりも、
「おーなんかいい感じですね!」
とか適当にフワッとさせといたほうが無難かと。
まあ毎回そんなんだと終いには「こいつなんにもわかってねえな」と思われてしまうかもしれませんが。