タグ別アーカイブ: Bluetooth

DocomoのBluetooth仕様はひどい

発売開始され、すぐ購入したP906i。色はホワイトを選択。

p_03

ひと月以上使ってみた感想。

「今どきの携帯電話ってすごいね」

今まで使っていたのはN701i。
その前がSH900i。

画面の大きさ、細かい部分での使いやすさ、キビキビしたレスポンス。それでいて割と薄い。
ワンセグといい、500万画素顔認識機能付きのカメラといい、おサイフケータイ機能といい、素晴らしいです。
Panasonic製がすごいのか最新の携帯はこんなもんなのかは判然としませんが、総じて満足。

私は十数年来のMacユーザーですが、今の時点ではiPhoneよりP906iの方が便利だと思う。
フルブラウザも遅いけど使えるし、実はiPhoneにできて906iにできないことってそんなにない。
もちろんPCとワープロを比べているようなものなので、今後また状況が変わっていくことは間違いないとは思うんだけど、私はアーリーアダプターではなく堅実派なのです。

非常に快適なのですが、ひとつ気になるのはパケホーダイ前提としか思えない仕様。
私は今までほとんどメール以外でiモードを使用していなかったので、機種変更の時点ではパケホーダイに契約するつもりは毛頭ありませんでした。
別にパケホーダイにしなくても、カメラもメールもワンセグも使えるし、問題ないでしょ、と。

標準で搭載されているiアプリ。
「レイトン教授と不思議な町」「機動戦士ガンダムU.C.0079」は、機能限定のお試し版で、フルバージョンをプレイするには、パナソニックモバイル公式サイト「P-Square」からダウンロードしなければなりません。
しかもその際パケホーダイ契約しているかどうかの認証が必要。
「モバイル Google マップ」も非常に便利だけど、立ち上げると自動的にネット接続され、パケットがかかります。
時刻表や翻訳アプリなど、iアプリに関してはプリインストールされているもののほとんどが、パケットがかかるしくみになっています。
その他「Music & Videoチャネル」など、ドコモが宣伝している多くの機能がパケホーダイ前提のサービス。
ワンセグさえ、機能がリンクした番組表は、パケットを使って取得します。

なんじゃこりゃと思って試しに最初は一ヶ月だけでもと思ってパケホーダイにしてみたら、ああなるほど。確かにこりゃ便利だ。
今の20歳代の人がPCより携帯を使ってサイトを閲覧するのも納得。
だけどこの仕様はパケホーダイを強要されている気もします。
なんかもやもや……

オプションの「ワイヤレスイヤホン02」を買ってみました。
Docomo純正のBluetoothイヤホンマイク。
実際にはPanasonic製。
本体にマイクが付いていて、イヤホンをしたままハンズフリー通話ができます。
MicroSDカードにMP3を入れて音楽を聴くこともできるし、ワンセグの音を聴くこともできます。
だけどiアプリの音声には対応していない。ゲームの音も翻訳アプリの発音もワイヤレスでは聞けません。
iモーションには対応していますが、ストリーミングでのiモーションには対応していません。「ドコモ動画」はワイヤレスでは聞けないのです。
実はこのiアプリの音声には対応していないという問題は、事前にネット上での情報を読んで知っていました。
しかしひょっとしたらという思いもあり、Bluetoothコーナーを盛り上げているヨドバシカメラ 新宿西口本店 マルチメディア館のDocomo売り場の店員さんにそのへんを訊いてみました。
すると「対応はアプリごとになるので、中にはBluetooth対応していないアプリもあるかもしれない。目当てのアプリが対応していなかった場合の返品はできない」というものでした。
しかし実際にはDocomoの仕様で全てのアプリはBluetooth対応はしていません。
店員さん、もっとちゃんと勉強してくれよ。わざわざ別の詳しい人に訊きにいってこれかよ。
さらにP906iの説明書やDocomoのサイト等をくまなく調べましたが、驚くことにこのことにはほとんど触れられていません。
ネット上にはレイテンシ(この場合は画像より音声が遅れること)の問題じゃないかとか理由が書かれていますが、んなわきゃない。ワンセグの音は映像とずれ無く聞こえるわけだし、Wiiリモコンは本体とBluetooth接続で反応もリモコンからの音も全然ずれません。
権利問題やら著作権問題やらいろいろあるのかもしれないけど、使っていて明らかに不自然だし、即刻この問題に取り組むべきです。P905iシリーズの頃からある問題のようだし。

Bluetooth、日本ではいまいち普及していないとか言われているけど、このへんの明らかにおかしい仕様のせいもあるんじゃないだろうか?