Photoshopのブラシのカラーを筆圧でコントロールする

color.jpg

gradient2.jpg

Adobe Photoshopで、ブラシのカラーを筆圧でコントロールする方法を紹介します。
上のグラデーションは、単一のブラシで途中にカラーの設定を一度も変えずに塗ったものです。

必要なもの:

  • Adobe Photoshop 7.0以降(Photoshop Elementsシリーズ不可)
  • Intuosや、Bamboo、Favoなどのペンタブレット

作例はMac OSX、Photoshop CS3の環境です。

Photoshopを起動して、ブラシツールが選択された状態で以下のように設定します。

brush_color_pallet
「カラー」にチェックを入れて、

  • 描画色・背景色のジッター
  • コントロール:筆圧

これだけです。

機能としては知ってる方も多いと思います。

例を挙げて使い方を説明していきます。

palette1.jpg

まず描画色を選択
次に背景色を選択

ここではデフォルトのスウォッチに登録されている色の中から一番左上の2色を選びました。

この状態で他になんの設定もされていないブラシで描いてみると、このようになります。

gradient1.jpg
左から右に筆圧を弱めながら線を引きました。

つまり筆圧に応じて、指定された描画色と背景色の中間の色で描くことができるわけです。

次に筆先を変えて描いてみます。
以前作り方を書いた、水墨画風のブラシにこの方法を組み合わせてみます。

gradient2.jpg

筆圧に応じて不透明度や太さなども変わるので、より複雑な感じになるのがわかると思います。
また、単純に赤い色で塗った場合はこのような筆圧が弱い時のオレンジ色は表現できません。

描画色と背景色の色の選び方のコツは、色相の異なる色を選ぶということです。
同じ色相で明度だけ変えた場合は、設定の煩雑さに見合った効果を得られないでしょう。

しかしここまで読んだ方は
便利そうだけどいちいち描画色と背景色を指定するのが面倒くさい
と思ったと思います。

その面倒臭さを解消する方法として
ツールプリセット
を使います。

「ツールプリセットピッカー」→「新規ツールプリセット」を選ぶ

pallet2.jpg

  • カラーを含める

にチェック

すると、ブラシの設定と共にその時点での描画色と背景色も一緒に保存されます。

  • 絵の下地色
  • 空のグラデーション
  • 肌色の濃淡

など、自分がよく使う色を登録しておけば、いつでも呼び出してその色を使うことができます。

また、キーボードのXキーで描画色と背景色を入れ替えることができるので、併せて使うと便利です。
さらに、水彩画風のブラシと組み合わせるなどして、自分好みのカスタムブラシを見つけてください。

Adobe Photoshop CS5 Windows版 (32/64bit) Adobe Photoshopシリーズ
アドビシステムズ

Wacom プロフェッショナルペンタブレット Mサイズ 紙とペンに迫る書き味 Intuos4 PTK-640/K0 Wacom ペンタブレットシリーズ
ワコム

彦左虎肉丸 – Photoshopでリアルな鉛筆ブラシを作る方法
彦左虎肉丸 – Photoshopでリアルな水彩画風のブラシを作る方法
彦左虎肉丸 – Photoshopでリアルな水墨画風のブラシを作る方法